ドラマプラトニック4回6月15日いつかの少女が打ち明ける過去


スポンサーリンク

新しい救世主

中山美穂が心臓病の娘を思いやる母親望月沙良(41)の役。

余命少ない堂本剛が娘に心臓をあげると言ってくれた。

彼は母親にとって救世主になった。

青年(堂本剛)が亡くなったときに娘への移植を承諾してくれた主治医(尾身としのり)。

主治医の倉田はボストン大学に籍があり、家族もそっちで暮らしている。

心臓外科ではかなり有名。

いつボストンに戻ってもおかしくない。

いざという時に倉田(尾身としのり)がいないこともあり得るのでは?

青年がそのことを心配するのももっとも。

しかし、倉田(尾身としのり)はその心配は無用だという。

そして、「救世主、私から君に変わったってこと・・・。」 そう、倉田(尾身としのり)は青年に話した。

娘の為になら何でもできる母親

沙良(中山美穂)は娘のためだけに生きているような女性。

娘のために女を捨てたと以前青年に話していた。

しかし、彼女は美しく、コンビニの従業員も元旦那も主治医でさえ彼女に夢中なのだ。

沙良(中山美穂)は女を捨てたけど、女を利用している。

倉田(尾身としのり)がボストンへ帰ろうとした時空港まで行き、引き留めた。

倉田(尾身としのり)への愛情ではない、娘の命を守るため。

倉田(尾身としのり)の家庭を壊すことは厭わない。

そこまでは考えてはいない。

この医者がいなければ娘は死んでしまう。

それを阻止したかっただけ。

そのためには何でもできる。

母親って、怖い!

こんなに愛していて、いつか子離れできるんだろうか。

とっても心配。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー