ビートたけし離婚を全面的否定!文春チームに最大級の怒り


スポンサーリンク

10日週刊誌が書いた記事「たけし 離婚」

「週刊文春」(文芸春秋)によると、ビートたけしは都内某マンションで49歳女性と同棲中。

離婚をするために、全財産100億円を妻幹子さんに渡すと関係者に話したらしい。

週刊誌にはこういう話が多い。

オブラートに包まれた「関係者」。

相手が見えない話はどこまで信じていいのやら・・・。

本人は全否定

12日夜のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」の生放送では
ビートたけし本人が全否定。

安住紳一郎が離婚騒動の話を振ると、大げさに迷惑しているとアピール。

しかし大御所、実はそんな騒動もネタに変える力量を持っている。

実際、離婚をしてもビートたけしには何の得もないと言われている。

83年に結婚した幹子さんとの間には1男1女がいる。

浮気は日常的だった。

そのまんま東の証言

元宮崎県知事・東国原英夫も離婚に関しては、信じていない様子。

12日放送の大阪・関西テレビ「たかじん胸いっぱい」に出演し、語った。

「(奥さんは)浮気は全部、許している。別れる理由が分からない」

ビートたけしの妻・幹子さんは現在、たけしの収入を管理する会社の代表。

離婚することでたけしは自由になる金がなくなる。

お金がないと、楽しい浮気も出来ない。

老いらくの恋で金はいらないって話なら別だが・・・。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー