ドラマ・プラトニック最終回【オネスティ】7月13日の悲しい結末


スポンサーリンク

「僕のハートを差し上げます」

心臓病に苦しむ一人娘を助けたくて、その言葉にすがった母親・沙良(中山美穂)。

メッセージを出した青年(堂本剛)は脳腫瘍のため余命幾ばくも無い状態。

沙良(中山美穂)と青年(堂本剛)は恋に落ちた。 幸せに時間を過ごし、奇跡的に青年の腫瘍は小さくなった。 手術をすれば、治療ができる・・・。

沙良の自殺未遂

だが、最初の約束通り娘に心臓をあげようとする青年。

青年(堂本剛)に生きてほしいと思う沙良(中山美穂)。 沙良(中山美穂)は青年(堂本剛)と別れることを決意する。

沙良(中山美穂)は青年(堂本剛)に生きてほしくて、娘に自分の心臓を渡すために
自殺未遂を起こす。

沙良(中山美穂)の元夫佐伯(吉田栄作)が発見し、事なきを得た。

そんなとき娘・沙莉(永野芽郁)がこれから臓器移植するとの連絡が入る。

臓器提供者現る

臓器を提供をしてくれるのは、交通事故に遭った人。 しかし、手術前に沙良(中山美穂)は悲しい
事実を知る。

沙良(中山美穂)は弟(小泉孝太郎)から沙良が経営するコンビニに強盗が入り、青年(堂本剛)が重症。

救急車で運ばれたと・・・。 いやな予感のもと、手術室へと走る沙良(中山美穂)。

愛の為に死ぬ事

手術室には提供される心臓が届いたところだった。

コンビニ強盗に刺された青年(堂本剛)は、そのままだったら、助かったかもしれない。

それなのに、自ら刺さったナイフを抜いた。

心臓を提供するために・・・。娘・沙莉(永野芽郁)を助けることが沙良(中山美穂)への愛の証。

沙良(中山美穂)は青年(堂本剛)に生きてほしかったのに・・・。

これがプラトニックなのか・・・。

究極の愛って、悲しすぎる。

もっと違う結末がなかったのかと思う。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー