未来シアターの小さなねじや浅井製作所はどんなニーズにも応じます


スポンサーリンク

羽鳥慎一の未来シアター、革新者(かくしんもの)。

2014年7月18日に取り上げられたのは、ねじ職人浅井英夫。

浅井製作所の2代目。

製作所を一人で切り盛りしている。

通常この手の業界では大量生産が当たり前。

1ロット当たり数万個の単位で注文してほしい。

しかし、浅井製作所は少数単位でも発注に応じる。

20個の注文もOK!

ねじで未来を創りだす

相手のニーズに合わせた商品を作る。

これが職人の技術を更に伸ばすんですね。

2足歩行ロボットやPCには低頭ねじ。

ねじの頭が大きいと、それだけ場所を取ります。

邪魔ですよね。

コンパクトなものを作りたいときはやはり低頭ねじ。

超低頭ねじなんてのも浅井製作所は対応しております。

巷でねじと言いますと、プラスのねじ。

しかし、昔ながらのマイナスねじも人気なんです。

自作リールやルアー、アンティークの雰囲気を出すのにマイナスねじは重要。

余談ですが、2011年11月5日放送の日本テレビドラマ「妖怪人間ベム」に
こちらの工場が使われました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー