信長のシェフ7月17日2話で知る比叡山焼き討ちの真実


スポンサーリンク

信長の優しさ

血も涙もない男、織田信長。

目的のためには手段を選ばない。

比叡山延暦寺では女子供も焼き殺す・・・。

ドラマ「信長のシェフ」ではケン(玉森裕太)が信長の真意を掴む。

信長(及川光博)はそんなに恐ろしい人間ではない。

濃姫(斉藤由貴)が以前、信長と山菜採りに出かけたときの話がヒントだった。

濃姫は山菜採りに夢中になり、家臣のものにあるだけ取るように命じる。

しかし、信長はそれをやめさせた。

全部採るのは獣」という信長の言葉。

ケンは信長の中に優しさを見ていた。

濃姫の話を聞いて、それが確信となった。

叡山焼き討ちの真実

「比叡山には女子供は存在しない。」 信長が言った言葉には裏がある。

それは女子供を殺せということではなく、 避難させよという意味。

比叡山も一部を焼いただけ。

それでも遠くからその光景を見ることができる。

信長の勢いを示すことができる。

それだけで良かったんだ。

ナレーションでも言っていたけど、 実際比叡山焼き討ちの証拠がない。

1956年に滋賀県文化保護かで行われた比叡山の発掘調査。

この調査で焼かれたのは、根本中堂と大講堂のみであるということが判明。

人骨も発見されませんでした。

織田信成の祖先ですからね、

そんなに悪い人ではなかったのでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー