黒田官兵衛8月3日黒田長政と蜂須賀小六の娘糸との政略結婚!


スポンサーリンク

信長の葬儀

大河ドラマ「黒田官兵衛」第31話。

清州会議で信長の直系である三法師を跡継ぎに据え、事実上の天下人への道を突き進む秀吉。

10月には秀吉は信長の葬儀を盛大に行うの。

自然体だけど政略結婚

翌年の正月の祝いの席。

黒田官兵衛の嫡男・長政は蜂須賀小六の娘・糸に再会。

二人の姿を見て、母親の光(てる)が二人の縁組を考えるのよ。

嫌いじゃないなら、一緒になりなさいって。

蜂須賀家にとってはありがたい話。

それなら、羽柴家に一度養女になってから嫁げばいいと、おねのアイデア。

これで3家の絆も深まるはず。

とっても明るく行われたけど、これってこの時代で流行りの政略結婚。

こうやって盤石な繋がりを増やしていくのよね。

事実の年齢を考えると。。

長政と糸が結婚したとき、長政は17歳、糸はまだ11歳。

ドラマを見ていると、年齢を忘れて考えていることが多いのよね。

松坂桃李くんは17歳に見えないでしょ。

高畑充希だって、11歳には見えない。

年齢よりは大人なんでしょうけど、ほんと、時々年齢表記して欲しいって思うことあるのよね。

長政と糸の結婚生活

二人の間には娘が一人だけできるの、名前は菊。

でも、秀吉の死後離縁するのよ。

そのころ徳川家康に付くようになって、家康の養女を正妻に迎えるの。

結婚も生きる上での術なのよね。

なんか薄情な気もするけど、そうじゃなきゃ生きていけないのかもね。

自分だけじゃなくて、たくさんの家臣たちの生活も維持しなきゃいけないしね。 たいへんよね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー