カスぺ!8月5日お墓・葬式100の疑問徹底解明スペシャル墓を買う


スポンサーリンク

お墓の購入

8月5日、フジテレビのお墓・葬式100の疑問徹底解明スペシャルで太川陽介と藤吉久美子が
お墓の購入を検討。

お墓がない二人。

いつか入るであろうお墓を探すことに。

都会のお墓編

行ってみたのは、東京青山の「梅窓院」。

緑いっぱいの竹林を向けるとそこにはモダンなお寺。

交通の便も良い東京青山にあるこちらの墓地には、いわゆる名家の墓が多いのです。

お墓のセレブ~。

紹介されたのは5.4㎡の土地。

因みに、墓地の土地代は、買うのではなく、借りるための値段。

転売ができないので、お間違いなく。

墓石は自分のものになります。

さて、5.4㎡の土地の値段は4800万円!

墓石は最低でも、300万円。

両方合わせて、5100万円!って、こんなにお墓にお金をかけられない。

そんな人におすすめのお墓があります。

45センチ四方の小さなお墓

入る骨壺は3体まで。

夫と妻と息子で3体。

息子の嫁は入れない?

でも、一番下が土になっているので、古いお骨をそこに空けてると、お嫁さんの分も入れますね。

こちら0.2㎡で200万円。

ただし、護寺費が年に3万円かかります。

都会から離れた景色のいい墓

行ってきたのは、奥多摩霊園。

理想の広さの土地4㎡なら、階段2段くらいつけるスペースは十分。

この大きさで土地代 72万円。

通路の向かい側は60万円。

こちらはお墓が西向きになるタイプ。

西向きは西日が差すので縁起が悪いとされ、お値段が安くなっています。

墓石代を加えても280万円ほどで買えますね。

さらにリーズナブルな2㎡タイプもあります。

土地が狭いので余計な装飾が不要になります。

墓石代込みで90万円から。

景観やお値段、広さからして太川陽介は気に入っているようですね。

でも、藤吉久美子はここに来るまで遠いのが嫌みたい。

墓参りには来るけど、そんなに何回も来れないと渋り顔。

天候に左右されない納骨堂

やってきたのは、江戸川区の深妙寺。

最近人気のタイプ。

きれいに装飾されたロッカー型の納骨堂を開くと、骨壺と個人の思い出の品が・・・。

一定期間が過ぎると合同で供養されます。 掃除の手間は省けますし、
蝋燭とお線香は用意されています。

散骨

藤吉久美子の理想のスタイル。

紹介されたのはグランブルーセレモニー。

平日利用で18万円のコースがあります。

散骨するためにはお骨を2mm以下の顆粒に細かくすることが必要です。

この作業に約3万円かかります。

今回はお骨の代わりに塩を撒いて雰囲気を感じてみることに。

太川陽介は袋から少しずつ海に撒いて行くの対して、妻の藤吉久美子は豪快。

その姿は関取。

散骨後は、散骨証明書がもらえます。

樹木葬

埼玉県嵐山、NPOが経営する樹木葬墓地。

気の根元に遺骨を埋め、自然に還る。

大体土に還るまで早くて3年。

直系15センチ、深さ60センチほどの穴に、骨壺から出され、布に包まれたお骨を埋葬。

芝生のふたをし、水をかけて、土に還るのを促進。

一人35万円の合同墓地、年間管理用が5000円かかります。

太川陽介は妻の藤吉久美子に墓参りに来てほしいので、
青山の墓地200万円タイプを選んだんだけど、墓参りのあとの食事を楽しみにする妻を目の前に
気持ちが変わっちゃう。

最終的には奥多摩60万円の墓地を選択。

藤吉久美子は当初の希望と同じ、散骨がやっぱりいいみたい。

夫は亡くなったあとも妻といたいけど、妻のほうはドライみたい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー