Aスタジオ9月19日ゲスト中井貴一を俳優に導いた故小林桂樹


スポンサーリンク

完璧な中井貴一?

9月19日のAスタジオには20日に公開される映画「柘榴坂の仇討」の主役、中井貴一がゲスト。

19歳でデビューし、自分の事務所を設立。

作品選びもすべて自分の意志でやってきた中井貴一

ドラマ「最後から二番目の恋」で共演した飯島直子は 「完璧!いぼ痔になってほしい。悪いところがなくて腹が立つ」と絶賛(?)。

しかし、本人はそんなつもりはないのだろう。

中井貴一を俳優に導いた小林桂樹

成蹊大に通っていた中井貴一が初めて出た映画は1981年の「連合艦隊」。

映画の主役は故小林桂樹。

1983年の小林桂樹が主役を務める映画「父と子」にも共演。

この時、息子役に中井貴一を推したのは小林桂樹自身だった。

映画の撮影中、毎日小林桂樹は食事をごちそうしてくれた。

そして、小林桂樹は大学卒業後の就職を心配してくれていた。

当時中井貴一は、俳優を続けるかどうか悩んでいた。

「顔がそれだからね。容姿が残念だからね。就職を紹介するよ。」

中井貴一の父親・佐田啓二は二枚目俳優だった。

小林桂樹も二枚目で売っていた。

顔がダメだから、やはり就職。

広告代理店を紹介してもらうつもりだった。

そんな話が1か月ほど続いた。

撮影最終日も一緒に食事した。

小林桂樹は真面目な顔をして、中井貴一に話した。

「俳優をやってもらいたい。 これからの時代はアウトローが中心になる。
だけど、アウトローだけではダメだ。 おまえが正統派の俳優になれ。
世の中の王道を歩く役者になれ。」

小林桂樹が話す”世の中の王道を歩く役者”とは、サラリーマンを演じられる俳優。

中井貴一は「普通」をさりげなく演じられる役者なのだ。

赤ちゃんのときも不細工を言われる中井貴一

ぷっくりしていて将来肥満児を予想されるような赤ちゃんだった。

若いころも容姿が残念と言われていたが、いい年を取ったようだ。

20日に公開される映画は時代劇だが、役柄は昔のサラリーマンである。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー