一卵性母子と言われたりえママを亡くした宮沢りえのコメント


スポンサーリンク

りえママ65歳の若さで逝く

現在押しも押されもしない日本の大女優になった宮沢りえ(41)。

彼女を作り上げたのが、母・宮沢光子さん。

「エム・ツー企画」の代表取締役でもあったが、23日65歳の若さで亡くなった。

通夜、密葬は既に近親者で済ませている。

自宅療養だった宮沢光子さん

所属事務所が報道各社に出したFAXでは、光子さんの病名は肝腫瘍。

本人の希望で自宅で療養中だった。

 光子さんの死去後の宮沢りえさんのコメント

「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。
そういった全ての宝物を胸に、私は、役者として、母として、女として、
惜しみなく生きようと思います。 宮沢りえ」

10代の頃から芸能界入りした宮沢りえに同行

そのステージママぶりから「りえママ」とも呼ばれた。

彼女のプロデュースで写真集「サンタフェ」が生まれた。

一卵性母子とも呼ばれる絆はとても強固なものだった。

それは良いときもあり、悪いときもあった。

晩年は宮沢りえの自立を促すためパリに移住。
シャンゼリゼにある九州料理屋ひょうたんがお気にいりだったという。

今後分身とも言える母を亡くして、宮沢りえに変化があるのか見守りたい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー