ドラフト2014!山崎福也が難病克服しオリックス1位指名を獲得!


スポンサーリンク

[ドラフト 速報] ブログ村キーワード

2014年のドラフト会議

オリックスバッファローズの1位指名を受けたのは山崎福也(やまさきさちや)

明治大学。 指名を受けた山崎福也(やまさきさちや)が見せた笑顔でこちらも思わず微笑んでしまう。 彼が生存率10%と言われた難病を抱えていたとは思えない。

高校入学前の健康診断

日大三高に入学を決めた山崎福也(やまさきさちや)

入学の前に健康診断書の提出が義務づけられていた。

そのときたまたま母・路子さんがオプションとしてMRIの検査も追加。

結果、前頭葉に影が写った。

医師は撮影時に山崎福也(やまさきさちや)が体を動かしたためだろうと軽視。

しかし、母・路子さんはほかの病院で再検査することに。

診断結果は小児延髄上衣腫(しょうにえんずいじょういしゅ) 腫瘍が見つかった。

しかし、手術するには難しいところだった。 母が北海道大学の名医を見つけた。

名医にすべてをかけた

「また福也に野球をさせたい・・・。」

手術は成功したが・・・ 生存率10%の難しい病。

医師や看護師たちの力で手術は成功した。

しかし、その後、山崎福也(やまさきさちや)を高熱が襲った。

苦しんだあと、山崎福也(やまさきさちや)は目を覚まし、母にテレビを点けるように頼んだ。

この日は兄・福之が甲子園で開幕式。

甲子園で行進する兄を見て、野球がしたいと思った。

小倉全由監督の手紙が母子の支え 病気が発覚したあと、日大三高の入学を諦める覚悟があった。

しかし、当時監督の小倉全由さんが電話をくれた。

「病気が治るまで待ってるから。」 その言葉に震えただろう。

それは未来へ差しのべられた手だった。

その後、何通もの手紙が送られてきた。

この手紙が母・路子さんのお守りである。

奇跡は起こすもの

中学3年で悲しいことに病気が見つかった。

しかし、それは母の力で自覚症状のないころに発見された。

母は北海道大学に名医を見つけた。

手術は成功。

母の愛が奇跡を起こさせたようだ。

山崎福也(やまさきさちや)は定期検診を終えた。

もうどこにも腫瘍はない。

これからも力いっぱい野球ができる。

それはとっても幸せなことである。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー