朝ドラマッサン鴨居欣次郎が教えた埴生の宿をエリーが歌う意味の考察


スポンサーリンク

[マッサン] ブログ村キーワード

夫の留守に寂しいエリー

NHK朝ドラの「マッサン」は3週目でやっと夫婦二人の家に住むことができたました。

しかし、マッサン(玉山鉄二)はウイスキー造りのために毎日遅くまで仕事。

せっかくエリーがご飯を上手く炊くことができても食べてもらえない。

故郷から遠く離れて、外国人というだけで道を尋ねても聞いてもらえない。

鴨居欣次郎の明るい性格に癒されるエリー

でも、鴨居欣次郎にご飯食べてもらって、

日本語の歌教えてもらって元気になった。

それで、家まで送ってくれた鴨居欣二郎にお礼のハグ。

それを見て怒るマッサン。

日本に帰ると日本男子になるのか、自分だってスコットランドでハグしてたんでしょうが、

アホかお前か~。

There’s no place like home

鴨居欣二郎にエリーが教えてもらっていた歌が、

「埴生の宿」

外国名は「Home! Sweet Home!」

オペラの中で使用されたんですね。

エリーがこのHOMEをスコットランドと考えていたのか
マッサンの事をHOMEと考えていたのか気になるところ。

日本では里美義が訳詞。

「はにゅう」って聞くと今ではフィギュアスケート選手の「羽生」を思い浮かべますよね。

「埴生」のほうはあまり使わない言葉です。

埴生の宿は「貧しい家」って意味です。

「埴(はに)」とは土のこと。

瓦や陶器の原料に使う、きめの細かい黄赤色の粘土のことですね。

土の上で生活するような貧しい家ってことでしょうか。

ちょっと日本語の勉強になりました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー