ドラマ信長協奏曲10月13日小栗旬の織田信長よりも楽しみな高校生役


スポンサーリンク

実写版ドラマ信長協奏曲

10月13日とくダネ!に生出演した小栗旬、柴咲コウと向井理。

本日9時から放送される「信長協奏曲」の番宣。

信長協奏曲」の原作はコミック。

「フジテレビ開局55周年プロジェクト」の企画でまずアニメ。

今回は実写版でドラマ化。

物語の主役は織田信長。

演じる小栗旬は二役。

高校生のサブローも演じる。

31歳の小栗旬が高校生に見えるかどうかも楽しみ!

現在を生きるサブローがタイムスリップして戦国時代へ

そして、自分とそっくりの織田信長と遭遇。

そこで遭った信長はサブローがイメージしていたものとは違った。

病弱、ひ弱。

「自分の代わりに織田信長として生きてくれないか・・・」 として言われ、OKしてしまう。

 これから天下統一の大仕事が待っている。

ビンタしやすい小栗旬

信長の正室・帰蝶を演じる柴咲コウが小栗旬と初めて撮影したのはビンタシーン。

柴咲コウが小栗旬を叩くのだ。

嫌なシーンから始まるなと思った柴咲コウ。

しかし、柴咲コウが叩きやすい空気を小栗旬が作ってくれた。

気持ちよく撮影ができたようだ。

向井理の乗馬シーンにも注目

乗馬を趣味にしている向井理。

それが時代劇に役に立つ日が来た。

しかし、撮影は何かと注文が多い。

走る速度や止まる場所など細かい指示があるので、コントロールがたいへんだった。

そんなことを考えながら、ドラマをみるのも面白い。

主題歌には、Mr.Childrenの「足音~Be Strong」が使われている。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー