主治医が見つかる診療所10月6日脳をだまして痩せるダイエット


スポンサーリンク

ハタイクリニックの西脇俊二先生がおススメするダイエット

脳をだましてやせやすい体を作る」 潜在意識を変えることが必要。

ダイエットよりも食べたいという気持ちが強いから食べちゃう。

この意識を変えると、ダイエットができる。

西脇俊二先生は自身も75キロだった体重が58キロになった経験がある。

これは3か月でのこと。

では、どんなダイエットでしょうか。

1角砂糖置き換え方法。

せんべい1枚に含まれる糖質は角砂糖1個と半分。

ご飯は1膳角砂糖14個。

かつ丼はなんと角砂糖29個。

角砂糖29個だと思うと、かつ丼を食べたいと気持ちが萎えるもの。

食べたいものを角砂糖に換算して、食べたい気持ちを抑えるダイエットなのだ。

2有酸素運動で脳をだます

有酸素運動を続けると、βエンドルフィンという脳内物質が増えます。

βエンドルフィンが増えると、幸福感や満足感が得られるのです。

美味しいものを食べているときも、βエンドルフィンが出ています。

息が切らさず、汗をかく程度の有酸素運動で、脳に満腹気分になってもらうのです。

運動することで欲求が抑えちゃうのです。

βエンドルフィンは歌うときにも出てきます。

そして、ナルシズムに鏡でウットリ・・・なんて時にも出ているのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー