織田信長協奏曲第5話!恒興への想いを伏せて浅井長政に嫁ぐお市


スポンサーリンク

[信長協奏曲] ブログ村キーワード

信長を迎えに来た前田利家が城に連れて帰ったのは、本物の信長。

本物の信長は浅井家と同盟を結ぶためにお市(水原希子)を嫁がせることを決めてしまう。

お市は恒興が好きなのに~。

でも気丈に振る舞うお市(水原希子)。

家のために結婚するなんて、平気!

サブローはお市の結婚に反対

結婚は恋愛が一番というサブロー。

お市(水原希子)が好きでもない人と結婚することが阻止するべく動く。

浅井で輿入れなしで同盟を結びたいと申し出る。

戦をしかけないという証拠がないかぎりダメだと完璧拒否される。

人質なしで同盟を組む方法

サブロー信長が部下を引き連れて浅井家との国境にやってきた。

刀を捨てて、砦を次々に壊していく。

織田家は浅井を攻めない。

だから、砦も要らない。

サブロー信長の気持ちを浅井長政はわかってくれた。

これでお市を嫁がせなくてもいい。

浅井長政の父親が反対

浅井長政はサブロー信長のことを信用したが、長政の父親は違った。

やはり、人質なしでは同盟を結べないと断固反対。

お市は恋愛結婚をあきらめて、浅井に嫁ぐことを覚悟。

男に生まれて兄・信長の役に立ちたかったお市。

これはお市にとっては戦も同様。

大事な門出なので笑顔で見送ってほしいと。

恋愛だけが結婚じゃない

恋愛結婚を勧めるサブロー信長を異を唱える帰蝶。

恋愛じゃなきゃどうしてダメなのか。

初めて会った人と結婚しても幸せになることは出来る。

すべては二人しだい。

サブロー信長は帰蝶の立場を忘れていたね。

お市の出陣

織田家の門を開けると、赤い絨毯が続く道。

まるでバージンロード。

赤い絨毯の脇にはお市を祝福するたくさんの人たち。

とびっきりの笑顔で嫁ぐことができた。

恒興はお市(水原希子)のことはじっと耐えて遠くから一人見送っていた。

初めて浅井長政に会ったお市(水原希子)は結婚指輪をもらう。

サブロー信長から結婚指輪の話を聞いた恒興が浅井長政に織田家の作法といって渡したもの。

恋愛結婚はできなかったけど、結婚指輪はもらってほしかった。

結婚はきっかけがなんであっても二人の気持ち次第で素敵な夫婦になれるはず。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー