Nのために11月7日4話杉下希美の究極の愛は成瀬君との罪の共有


スポンサーリンク

[Nのために] ブログ村キーワード

杉下希美の愛は罪の共有

西崎(小出恵介)の書いた小説「灼熱バード」。

籠の中の鳥にエサを与えず、熱したオーブンにエサを置く。

エサを求めて鳥がオーブンに入り、自ら焼き鳥になる、なんとも不可解な小説。

残念ながら「灼熱バード」は賞を取ることができなかった。

「きっと、西崎(小出恵介)さんが考えている愛と選考委員が考えている愛が違うんだよ」と杉下希美(榮倉奈々)。

「杉下の愛は?」

「罪の共有・・・誰にも気づかれず相手の罪の半分を引き受けること」

この愛の対象は成瀬くん(窪田正孝)でしょ。

杉下希美(榮倉奈々)が誰よりも心を開くことができる相手、それはやっぱり成瀬くん(窪田正孝)。

開催されなかった同窓会

島から同窓会のハガキが杉下希美(榮倉奈々)に届いた。

お金がないから行かないかな・・・。

でも、会いたい人がいる。

成瀬くん(窪田正孝)に会えるかもしれない。

港で働いている母親の姿を見た。

自分で働いてお金を稼いだことのなかった母親。

母親に依存されるのが嫌だった杉下希美(榮倉奈々)。

一生懸命に働いていた少し安心する。

待望の成瀬くん(窪田正孝)との再会は予想外の形だった。

成瀬くん(窪田正孝)の父親の葬儀の席だった。

見つめ合うだけで話らしい話はできなかった。

東京で成瀬くんを見かける杉下希美

都市計画から野ばら荘を守るために動き出した西崎(小出恵介)と杉下希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)。

野ばら荘を守るN作戦の第一は都市計画に反対している野口夫妻に近づくこと。

接点を持つため野口(徳井義実)の趣味を共有すること。

杉下希美(榮倉奈々)の将棋の趣味も野口(徳井義実)の趣味リストの一つ。

趣味リストのダイビングを習うことにした杉下希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)。

安藤(賀来賢人)はいつの間にか杉下希美(榮倉奈々)のことが気になっていた。

一緒に飲みに行こう。

一度はOKしたはずだったが、歩道橋の上を歩く成瀬くん(窪田正孝)を見つけた。

居ても立っても居られない。

安藤(賀来賢人)に行けなくなったと言って追いかける。

道路の向こう側にいる成瀬くん(窪田正孝)。

何度も何度も名前を叫んだけど、街の音にかき消された。

成瀬くん(窪田正孝)には会えなかった。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー