情熱大陸12月7日鈴木亮平の番組独自制作短篇ドラマにみる役者哲学


スポンサーリンク

[情熱大陸] ブログ村キーワード

12月7日の情熱大陸。

密着の相手は鈴木亮平31歳。

「花子とアン」のヒロインの夫役。

その前はパンツかぶったヒーロー。

HK/変態仮面。

鈴木亮平の役作りを覗き見る。

鈴木亮平の役への想い

個性の強い役が多い。

しかし、普通の人を演じたい。

それが鈴木亮平の本音。

普通の人を演じるためには、 普通の生活を送りたい。

どこにでもいる人間を演じたい。

鈴木亮平の役作り

役作りに定評のある鈴木亮平

役作りの過程を見たい~。

だが、その過程は見せたくない。

種証しはできない。

鈴木亮平とオリジナルドラマを製作

番組でオリジナルドラマを作る。

その役になるまでを密着したい。

それならOK。

タイトルは「ホンスンドンスコスコ」

妻の稼ぎで生活している男が主役。

それがある日男に襲われる。

そこから知らない世界へ踏み出す。

鈴木亮平、主人公を考える

主人公はパチンコをする。

鈴木亮平のパチンコ体験は一度だけ。

鈴木亮平もパチンコ屋へ。

お客を観察。

しぐさや服装をヒントにする。

鈴木亮平もパチンコをしてみる。

ビギナーズラック。

なんか玉たくさん出てきた。

ケースいっぱいに玉が溜まった。

Sponsored Link


鈴木亮平の役作りメモ

主人公の住む家はどんなだろう。

線路の前のアパート。

思いついたことをメモする。

太宰治、つげ義春、へっぽこの美学。 ・・・。

どんな役になるのか、楽しみ。

鈴木亮平、衣装も考える

役の衣装は用意されるものだ。

鈴木亮平は自腹で購入。

自分のイメージで服を選ぶ。

ディテールから入る。

スタッフが用意した服装も試す。

イメージが膨らむ。

鈴木亮平、母校に行く

西宮市今津中学校。 鈴木亮平の恩師・浜田先生に会う。

鈴木亮平に芸能界入りを勧めていた。

芸能界入りしたは浜田先生のおかげ。

浜田先生の刷り込み成功。

短編ドラマ撮影二日前

ワンシーンだけの撮影。

ワンシーンだから手を抜けない。

緊張しながら撮影。

二週間後 ドラマ完成

男にナイフを突きつけられている。

金目当てだろうか。

男は主人子が無職だと知っていた。

ずっと見てました。

わたしはあなたを好きなんです。

男が主人公に愛の告白?

手をつなぎたいのだ。

主役の奥さんは3日前に出て行った。

男はそれも知っている。

携帯電話がなる。

奥さんから。

亀がソファの下でひっくり返っている。

戻してあげてほしい。

それが奥さんの心配事。

ソファの下には逆さまの亀。

主人公は戻してあげない。

これは嫉妬なのか。

オリジナルドラマの感想は?

短編ドラマを見終わった。

鈴木亮平は長い沈黙。

準備していてよかった。

準備がなかったら演技がいやらしくなった。

鈴木亮平の役作りを垣間見た。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー