月曜から夜ふかしマツコが安納芋シルクスイート紅はるかを食す


スポンサーリンク

[月曜から夜ふかし] ブログ村キーワード

全国の選りすぐりの薩摩芋を食べ比べ

12月8日、月曜から夜ふかし。

マツコに美味しいものを食べさせる~。

毎回やるのかってご不満ぎみのマツコ。

なんだかんだ食べるんでしょうが。

今回はサツマイモだよ!

今が旬のサツマイモ

収獲時期は8月から11月。

焼きいもにする場合は2・3カ月貯蔵。

これで余計な水分を飛ばすのだ。

産地の有名農家が3大いもを説明

今回は話題の3種をご用意。

安納芋

サツマイモは江戸時代に栽培に成功。

今では全国で栽培。

でも、種子島が最初の地。

安納地区で作られたのが一番美味い。

とは、夢百笑(安納芋)内田周册さんの弁。

5キロで5150円(ML)。

丸いフォルムが特徴。

焼くと澱粉が蜜に変化。

蜜芋といわれる所以。

焼いた安納芋は鮮やかなオレンジ色。

濃厚な甘さ。

しっとりとした食感。

ねっちょり系なのだ。

紅はるか

鹿児島南九州産の幻の芋。

生産量が少ない。

めったに市場に出ないのだ。

西山ファミリー農園の西山一さんが説明する。

紅はるかを作るのは手間がかかる。

土作りには化成肥料は使わない。

有機にこだわっている。

紅はるかは食物繊維が多い。

ほかのサツマイモと比べて2倍。

紅はるかは1本300~400円。

これが東京にいくと1000円になる。

実は薄い黄色。

割ると繊維質に沿って割ける。

シルクスィート

茨城県かすみがうら市出身。

サツマイモ界のニューフェース。

2012年に誕生したばかり。

5キロ5000円(ML)。

寝かせるほどに甘さが増す。

キュアリング貯蔵法を採用。

ポテトかいつか 藤枝秀樹工場長の説明は

以下のとおり。

蒸気の中で3日3晩保存。

これで皮と身の間にコルク層ができる。

ばい菌が侵入を防ぐバリアの役目。

シルクのような歯ざわりが特徴。

Sponsored Link


スタジオで食べ比べ

安納芋の焼き芋。

ねっとり感が凄い。

うまーーいとマツコ。

なんかお菓子食べてるみたい。

スィートポテトそのものの味。

製品も砂糖を使わないバター風味の
スィートポテト。

”女子なんかペロリやで!”

鹿児島県産 紅はるか

マッシュポテトみたい。

けど繊維は凄く入っている。

紅はるかの天ぷらが出てくる。

やっぱり天ぷらは芋が一番!

シルクスィート

また、ちがーーうぅぅぅ。

空気が入っている感じ。

ふわっとする。

製品は冷たい焼き芋 ゆめひらく。

なくなっちゃったんだけど。

今年最後の一本をマツコたちが食べ終えた。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー