花燃ゆ2話文が人と人を繋いでいく初恋の相手と姉寿の縁さえも


スポンサーリンク

[花燃ゆ] ブログ村キーワード

文が繋いでいく縁

花燃ゆ2話。

小田村伊之助(大沢たかお)と
兄の吉田寅二郎(伊勢谷友介)を引き合わせた(井上真央)。

二人は新しい学問のために江戸に行ってしまいます。

萩で待つ(井上真央)は二人に思いを馳せます。

小田村伊之助の父は自害

小田村家の養子になった
伊之助(大沢たかお)のつらい過去。

それは実の父親について。

小田村伊之助(大沢たかお)の実の父親は自害していました。

それが心の傷になって
度々小田村伊之助(大沢たかお)に
襲い掛かります。

実の父親はまっすぐな人。

年貢が高すぎると藩に直訴。

しかし思いがかなわず自害していたのです。

吉田寅二郎の脱藩

東北への視察が
なかなか許されなかった吉田寅二郎(伊勢谷友介)。

短気を起こして勝手に東北へ。

脱藩の噂が藩に広まります。

文の姉・寿(優香)の結婚話はそれでおじゃんに。

それでも家族は寅二郎の身を案じます。

金がないと聞けば、送金の手配を考える。

それが寿(優香)には堪えられません。

小田村の母の死去

江戸にいる小田村伊之助(大沢たかお)には
しばしば母親から手紙が来ます。

「具合が悪い。萩に帰ってきてほしい。」

真に受けなかった小田村伊之助(大沢たかお)。

脱藩と言われる吉田寅二郎(伊勢谷友介)の処分を
軽くしてもらうため萩に戻ります。

そこで母親(かたせ梨乃)が亡くなったことを知るのです。

優しいとは言えなかった母親(かたせ梨乃)。

小田村伊之助(大沢たかお)は少し避けていました。

それが悔やまれます。

母には母の大義があった。

だから気持ちを隠していただけだった。

文の初恋

(井上真央)は何かにつけて
小田村伊之助(大沢たかお)のことを思っていました。

しかし、姉・寿(優香)の縁談が破談に・・・。

文は小田村伊之助(大沢たかお)に
姉・寿(優香)と結婚してほしいと頼むのです。

小田村伊之助と吉田寅二郎(伊勢谷友介)が兄弟に。

それも悪くない。

この頃文(井上真央)はまだ幼かったのです。

小田村伊之助には子供としか見えません。

「これから妹だね」

小田村伊之助(大沢たかお)にそう言われて
文(井上真央)は気づくのです。

大事な人が遠くに行ったことを。

でも、小田村伊之助(大沢たかお)は運命の人。

ゆくゆくは縁が廻ってくるんですよね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー