マッサン1月10日エリーの花嫁姿と母早苗が残した最後の言葉


スポンサーリンク

[マッサン] ブログ村キーワード

危篤の母

第14週のマッサン。

副題は「渡る世間に鬼はない」。

この週の主役はマッサンの母親・早苗(泉ピン子)。

泉ピン子のドラマのタイトルをもじっています。

鬼のような姑。

外国人のエリー(シャーロット)に対してつらく当たってました。

金渡すから帰れ。

嫁じゃない女中だ。

孫のエマは可愛がるけどエリーには冷たい。

ほんとは情の深い女性。

その母が危篤。

殺してもしにそうもなかったのに倒れるなんて。

エリーと早苗の和解

1月10日のマッサン 。

強かった義母の命もあとわずか。

エリーのことを認めてくれます。

マッサンの姉千加子の花嫁衣裳を着るエリー。

よく似あっています。

「べっぴんな花嫁じゃ」

早苗の言葉が胸を打ちます。

夢を持って、男の人と同等に話すエリー。

早苗はそれが羨ましかったんです。

自分もほんとは男に生まれたかった。

女性が一歩下がっているのが当たり前の時代。

エリーは眩しい存在だったんですね。

日本一の花嫁じゃ

「肌の色がちごうても、 目の色がちごうても、
 話す言葉がちごうても、
 人間の情けには変わらない まさはるのことよろしくお願いします」

早苗からエリーへの最期の言葉。

早苗の最期

母危篤と聞いて北海道から急いで帰ってきたマッサン(玉山鉄二)。

早苗の体を抱きしめる。

早苗からマッサンへの最期の言葉。

「おまえのウイスキーはまずい」

早苗の言葉の真意

営業で北海道を歩いたマッサン(玉山鉄二)。

ウイスキーは不味い。

ずっと言われ続けた。

そして母親にも言われた。

それも最期の最期の言葉。

落ち込むマッサン。

本当はもっと美味いウイスキーを作れと言っていた。

エリーがマッサンを励ます。

本当の日本人よりも日本人らしくなったエリー。

言葉の向こうにあるものが見える。

マッサンの方が見えなくなっていた。

美味しいウイスキーを作らないといけない。

亡くなった母親のためにも・・・。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー