すみれのひとりオジさま飯神楽坂裏路地老舗焼き鳥と涙がでる御飯


スポンサーリンク

案内役は阿藤快

本日のすみれのオジさま飯は神楽坂。

その裏路地をすみれが潜入調査。

スタッフから渡された漢字で書かれた地名を
読み上げる。

神楽坂をかみらくざかと読むすみれ

こういうのを、受け狙いでスタッフは
挿入するんだな^^

さて本日の名店案内オジさまは阿藤快。

阿藤快オジさまの指令は
神楽坂 鶏しづにひとりで潜入し
一番人気 焼き鳥丼と
鳥おでんを注文し、その意外なコラボを楽しむこと。

神楽坂 鶏しづ

座席数7席。

鳥取県産大山鳥使用。
神楽坂で90年続く鶏肉専門店「鳥静商店」が
経営しているのでお肉の質は安定している。

店内はピンク電話がおいてある昭和の雰囲気。

オジサマ率及びスーツ率100%の
すみれのひとりオジさま飯にぴったりのお店。

まずはドリンクのオーダーをと常連さんが
促してくれる。

さすが美女の扱いに慣れている神楽坂のオジさま。

可愛らしい三代目 女将岩瀬浩子さんが
すみれの世話をしてくれる。

焼き鳥丼 450円。

うまみとコクのもも肉使用。

鳥おでん 450円。

たれが付いてる御飯だ!

と無邪気なすみれ

美味しいと
これと言って特徴のない食レポ。

おでん種を食べる順番を訊くのに

どのパーツがおすすめですか?

すみれにとってはおでん種はパーツ^^

先ず大根をと三代目女将が薦める。

熱い。

お口の中にいれるととろける優しい味。

Sponsored Link


 阿藤快のたしなみのメモ内容

 

焼き鳥丼におでんについているゆず胡椒をのせ

おでんの汁をかけひつまぶし風にして食べなさい。

 

お茶漬けみたいとすみれの感想。

ゆず胡椒も美味しい。

これは絶対食べないと。

”東京都新宿区神楽坂4丁目4”

鳥しづ

住所: 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目4
電話:03-5228-0778

神楽坂 つづ久

のれんにでっかくわさびめし

この店の名前をつづ久と憶えている人は
少ないんでないかい?

マグロの背びれ焼きや
マグロのかま煮などマグロ料理も
他では食べられないものばかり。

いよいよ登場 涙が出るほどうまい飯

おじさま占拠率80%の店ですみれがたべる
わさびめし。

緑の本わさびではなく
えぞわさびと呼ばれる山わさび。

注文してから炊き始める釜炊き御飯。

そのできたてごはんに
山わさびを山盛りにし

醤油を回してめしあがれ!

わさびoh my goodness!

 涙が出るごはんの意味がわかりました。

自然薯をかけて食べると
マイルドに。

OH MY GOD

やばい♪

”東京都新宿区市谷柳町8”

つず久

住所: 〒162-0061 東京都新宿区市谷柳町8
電話:03-3268-6467

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー