笑ってコラえて年男さんまが所ジョージへの日本一のへしこを探す


スポンサーリンク

[笑ってコラえて] ブログ村キーワード

さんま 日本一のへしこを探す旅

1月14日の1億人の大質問!?笑ってコラえて。

ゲストは年男で還暦の明石家さんま

所ジョージが大好きな「へしこ」を探しに福井へ。

へしこ」を知らない明石家さんま

日本一の「へしこ」を探してきました。

さんまが選んだのは服部さんちの「へしこ」

ご近所では「魚屋さん」と呼ばれる服部さんち。

釣り宿を経営。

奇遇にもご主人も奥様もひつじ年。

年男と年女。

服部さんちで食べたのは国産のサバで作った「へしこ

ノルウェー産の方が脂がのって美味しいらしい。

これは国産なのと申し訳なさそうな奥様。

いえいえ、ありがたいですわ。

服部さんち流「へしこ」の食べ方

1年間漬けた「へしこ」。

まずは糠を洗い落とします。

そして、身を薄くそぎます。

へしこ」の刺身と呼んでいる人もいますね。

薄切りした大根に「へしこ」をのせます。

クリームチーズをさいの目に切ります。

これを「へしこ」に乗せ更に薄切り大根で挟みます。

これで出来上がり。

発酵した「へしこ」と発酵したチーズの相性がいい。

発酵した「へしこ」とチーズを発酵した男(さんま)が食べる。

うーん、こなれてますかね。

服部さんちは元は酒蔵。

麹菌が染みついている。

それで美味しいのだそうです。

Sponsored Link


スタジオで服部さんちの「へしこ」を試食

へしこ」は炙ったものと刺身を用意。

塩辛いけど、旨みもある

この「へしこ」を使ってフランス料理の三国清三シェフが料理。

三国シェフが作る「へしこ」のフルコース

北海道出身の三国清三シェフ。

フランス料理の巨匠と呼ばれる存在。

実は、「ふくいの食アンバサダー」でもある。

へしこ」を使って福井をアピール。

へしこ」のフルコースを作る。

「へしこ」のコンソメ

  1. 「へしこ」の骨を砕きます。
  2. フライパンに刻んだ骨を入れます。油は引かないこと。
  3. ウイスキーを注いでフランベします。
  4. 水500㏄と炭酸水500㏄、昆布を入れます。
     昆布のグルタミン酸と「へしこ」のイノシン酸の運命の出会い。
  5. 沸騰したら5分で火を止める。
  6. 1分間蒸らしてから濾します。

「へしこ」のア・ラ・クレーム

へしこ」のピラフの上に丸ごと1匹の「へしこ」。

周りにはベシャメルソースと野菜がいっぱい。

へしこ」のドリア?

へしこ」がまろやかに変身。

へしこ」のクーランショコラ・粒あん入り

粒あんをチョコレートでコーティング。

たっぷりの「へしこ」にジンジャーの砂糖漬け。

周りにはカスタードクリーム。

ちょっと考えられない組み合わせ。

でも、「へしこ」が邪魔にならない。

生姜が「へしこ」の癖を和らげている。

目からうろこの「へしこ」料理でした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー