草彅剛主演の銭の戦争!新ナニワ金融道の中居正広とコラボ実現!


スポンサーリンク

韓国の人気コミックが日本でドラマに。

韓国でも人気のある草彅剛が主演。

天国から地獄に落ちた男が復讐を始める。

1月6日からスタート。

初回は9時から2時間SP。

まずはちょっと金融用語の勉強。

不渡り

信用をもとに発行される手形や小切手。

期日が指定されている。

その期日にお金の受け渡しをしますという約束。

しかし期日を過ぎてもお金が受け取れない。

そうした状態を「不渡り」という。

不渡り1回だけでは倒産しない

手形交換所はそのことを「不渡報告」に掲載。

加盟銀行はそれを見て不渡りを出した会社を注視。

ここでは=倒産ではないです。

不渡報告掲載6か月が勝負。

その間に2回目の不渡を出すと「取引停止処分」

通知日から2年間、当座取引や貸出ができません。

連帯保証人と銭の戦争

お金を借りた人と同等の責任を負うこと。

ドラマ「銭の戦争」。

主人公の白石富生(草彅剛)は実家の工場が不渡り。

富生は借金の連帯保証人になっています。

自分が借りたお金じゃない。

でも、払わないといけなくなるのです。

恐ろしいですね。

借金をした父親(志賀廣太郎)は行方不明。

息子に全部背負わせちゃいましたね。

これが物語の始まり。

これから白石富生(草彅剛)の復讐劇の幕開け。

婚約は破棄?

大手金融Gの会長・早和子(ジュディ・オング)。

孫娘・青池梢(木村文乃)は白石富生(草彅剛)の婚約者。

それを破棄するために1000万円払うと。

その金があれば倒れた母親(木野花)の手術ができる。

婚約者よりも母親をとるのか~。

白石富生(草彅剛)はどうするのか。

第1話のゲストは中居正広

中居正広の役は灰原達之。

おなじみ「新ナニワ金融道」の主人公。

灰原達之の会社が西の代表、帝国金融。

草彅剛が演じるのは白石富生。

白石富生の会社は東の代表、赤松金融。

金融を扱った二つのドラマがコラボ。

コラボの発案は中居正広

1月24日に放送される「新ナニワ金融道」。

シリーズのSP版。

撮影中に草彅剛のドラマの話を聞いた中居正広。

コラボ話をドラマ関係者にお願い。

実現したってわけ。

11月30日の「新ナニワ金融道」の撮影。

草彅剛がゲスト出演。

「役者モードの顔も持っているんだ・・・」

中居正広の俳優姿に感激?した様子。

12月6日は「銭の戦争」の収録

ゲストは中居正広と小林薫がゲスト。

小林薫はヘビ柄のスーツに毛皮のストール。

いやはや目立ち過ぎです。

存在感あり過ぎです。

「銭の戦争」のスタッフもぶっ飛ぶオーラ。

ドラマではどんな風に反映されるのでしょうか。

確認してください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー