東京都北区赤羽10話山田は演技と現実の間で何を見る?


スポンサーリンク

[東京都北区赤羽] ブログ村キーワード

ジョージさんの真意を探る山田

3月13日、山田孝之の東京都北区赤羽。

第10話「山田孝之、覚悟を問われる。」

夜中の凧揚げ。

「赤羽に引っ越して来てこれかよ!」

山田孝之ジョージさんに叱られた。

ジョージさんが言いたかったことは何か?

山田孝之はずっと考えていた。

*ジョージさんの素性については
 赤羽ダイエーグループに属していたという噂が
 ネット上には流れている。

北区子供文化教室を見学

北区AKT STAGE児童ダンス演劇教室。

以前出逢った俳優の古屋太朗さん。

子供たちの演劇教室を紹介されていた。

忘れてなかった。

今回は見学。

演劇やダンスを子供たちに教えている。

遊び乍ら表現能力を伸ばすのが目的。

山田孝之はどうしてここに来たのか?

この教室で何かをしようと思ったわけではない。

ただジョージさんの言葉を考えていた。

何か行動を起こしてみよう。

この状態で赤羽にいるのは違うのかなと思った。

清野とおるに相談

ジョージさんの言葉の意味がわからない。

赤羽にも馴染んできたと思っていた山田孝之

いい状態だと思っていた。

山田孝之の表情は明るくなっていたよね。

最初は硬くて鬱かと心配したけど。

清野とおるにも似たような時期があった。

清野とおるが赤羽に来たのは10年前。

赤羽で飲み歩いていた。

楽しんでいた。

これを漫画にしたら面白いんじゃないかな?

赤羽での生活を作品に。

それが「ウヒョッ! 東京都北区赤羽」

自分が考えた話よりも赤羽の生活の方が面白い。

ちょっと複雑な気持ち。

でも、清野とおるには漫画があった。

山田孝之は役者として赤羽をどう利用するのか。

ジョージさんはそれを問いかけている。

叱っているのではない。

心配しているんだ。

清野とおるの言葉に何か見えてきたような気がする。

山田孝之もわたしも。

Sponsored Link


児童教室に参加する山田孝之

大雨のあとに虹が出た。

夕焼けどきの虹。

色も夕焼け色。

いい事が起きる予言かも・・・。

山田孝之はまた児童教室に顔を出した。

今回は先生として参加。

子供と接して笑顔になる山田孝之

子供たちと水鉄砲で水浸し。

ビシャビシャなんですが、大丈夫?

山田孝之も童心に帰ったのか。

とっても楽しそう。

「次はいつ来るんですか先生」

全然話もしていない子から声を掛けられた。

その子はまた来てくれていると思ってくれてた。

この言葉に山田孝之はハッとさせられた。

「いることが当たり前になってたんだなあと」

山田孝之は考える。

「何かしないといけないと」

*この山田孝之が反省するシーン。

この北区赤羽がドキュメンタリーでないことが
見えた瞬間。

自分は役を演じているのに子供には
教師として認められている。

ナイーブな山田孝之の
内面が見えたシーンだった。

古屋太朗さんへ相談

2014年8月12日。

北区AKT STAGEに行く山田孝之

今回はご相談。

山田孝之は劇を作りたいと思っている。

それに協力を要請。

出演者は俳優じゃない人たち。

赤羽で知り合った人たち。

素人の劇。

どのくらい時間がかかるのかも不明。

「大雑把ですね」

古屋太朗さんが率直に言う。

劇つくりの経験なしの山田孝之

一から教えてもらわないと。

照明の入り方も何も知らない。

番組のカメラはどうする?

「ちゃんと撮ってもらいたいです」

これは山田孝之の赤羽集大成になるはず。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー