そうだ旅に行こう3月3日宿坊澤部御岳山で滝に打たれて男前


スポンサーリンク

[澤部佑] ブログ村キーワード

3月3日放送のそうだ(どっか)旅に行こう。

ハライチの澤部を立派な坊さんにする企画。

宿坊澤部

宿坊とは、神社仏閣が営む修行僧・参拝客・神職のための宿泊施設。

澤部に宿坊を周って、修行をしてもらう。

東京から始めて、次は全国へ。

最後は高野山で修行は完成の予定。

目標は空海。

山岳信仰の聖地 御岳山(みたけさん)へ

東京都青梅市のJR御嶽駅前。

雪降っていますね。

ここから御岳山(みたけさん)に向かいます。

御岳山(みたけさん)は神々の山。

山岳信仰・修験道の聖地。

其の壱 ケーブルカーで御岳山に登る

JR御嶽駅からケーブルカー乗り場へ。

バスで移動すること約8分。

軽装過ぎたね澤部佑

足はスリッポン。

雪道にこれはないよ。

滝本駅からカラフルなケーブルカーに乗り換え。

平均勾配22度26分、乗車時間は約6分。

平日でしかも大雪。

乗車客は澤部佑、一人だけ。

途中で下りケーブルカーとすれ違い。

おじさんが手を振ってくれた。

でも、あっちも乗客は一人だけ。

こんな雪の日は人が少ない。

御岳山駅到着。

とってもなごやかな笑顔の駅員がお出迎え。

標高831m。

絶景のはずなんですが見えない。

雪なんで・・・。

晴れていれば雲海が見られたかもしれません。

其の弐 宿坊へ

宿坊静山荘

かなり歴史を感じる右側部分の建物。

「宿坊澤部です」

出てきたのは神主の橋本義明さん。

「はーいどうも」とお迎え。

結構ラフですね。

宿坊静山荘の創業は江戸末期。

1泊2食付き、2名使用で一人8400円~税込。

正装に着替えるように言われる澤部佑

これは滝の装束。

滝行?

何も知らなかった澤部

でも、それは明日の話。

其の参 伝説の神社で参拝

ヤマトタケルノミコトとオオカミの伝説の神社。

宿坊静山荘から徒歩で約20分。

御嶽神社を支えるために生きている神主。

そして地域の人々。

「それしかやれない」

本殿の前には360段の階段。

長くつで登る澤部佑

長くつ借りたのかな。

石段はきつい。

意識朦朧とする澤部佑

なんとか着いた!

武蔵御嶽神社

赤い神社。

この地で道に迷ったヤマトタケルノミコト。

それをオオカミが救ったという伝説。

それで「おいぬさま」を祀っている神社。

源頼朝や徳川家康などの武将も厚く信仰。

神主さんと並んで参拝。

「立派な坊さんになれますように」

おみくじのお告げ

武蔵御嶽神社のおみくじは良く当たる。

神主さんに勧められて引いたくじ。

結果は「凶」

「舵なき舟に乗る体なり」

舵のない舟に乗ってさまよっている~。

それって、この企画のことでしょう。

「後へもどせば損あり、先に行くには力及ばず」

行くもダメ、帰るもダメ。

これは明日の滝行で払拭せねば・・・。

宿坊の精進料理

食事の料理ができている。

宿坊静山荘の料理は、精進料理。

五穀米、お吸い物、ごま豆腐。

自家製さしみこんにゃく、野菜と山菜のてんぷら。

川ますの塩焼き、煮物に酢の物。

食に感謝していただきます。

「美味しい、これ」

さしみこんにゃく。

こんにゃくとは思えない柔らかさ。

川ますは身が締まっている。

でも、ほんと静かなんです。

澤部佑意外に宿泊者はいない様子。

寝るときはもっと静かに。

大丈夫ですよと言う神主。

どうやら人が歩く音が聞こえるらしい。

これは神主ジョーク。

聞こえたら怖すぎる。

八時就寝。

澤部佑のために神主さんによる笙の演奏。

貴重で厳かな調べ。

でも、却って眠れないのです。

其の四 修行で心身を清める

翌朝午前10時出発。

この日も雪。

滝までは徒歩で40分。

滝行で人間の欲や情を払う。

10分歩いて休憩。

亀屋さんでとろろそば 900円税込を食べる。

体が温まる。

 澤部佑の運気を上げる方法

もみあげを細くする。

そうすれば運気が上がる。

神主が提案。

これ、ダサいな。

神主さんにもダサいと言われる澤部佑

綾広の滝

修行や神事が行われてきた落差10mの滝。

「祓戸大神(はらえどのおおかみ)」が祀られている。

雪深い道を越えてやってきた綾広の滝

ここで身を清める。

気温3度、水温2.6度。

立派な坊さんになるための修行。

三つの魂を大きな声で唱える。

3人の神様の名前を唱える。

ふんどし姿でいざ滝へ。

実際に滝に打たれる。

体が震えて神主さんに助けを求める。

橋本さん、隣にいる?

神主・橋本さんを頼りにする澤部佑

しかし、滝行のあとはすっきりイケメン顔。

なんか男前が上がったような。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー