花燃ゆ3月8日10話吉田松陰がふぐを食べない唯一の理由


スポンサーリンク

[花燃ゆ] ブログ村キーワード

松下村塾でフグ論争

3月8日放送の花燃ゆ第10回。

毒のあるフグ。

室町時代以降、フグ食は度々禁止に。

河豚食禁止令

でも美味しいことは誰もが知っていた。

しかも場所は山口。

フグはよく獲れる。

松下村塾内ではフグ食禁止について論争に。

寺島忠三郎「くだらん定めです」

毒があるからといって美味いものを禁じるなと。

「火を通したら大丈夫ではないのか?」

久坂玄端は毒があるのを食べることに疑問。

高杉晋作は、毒があるから試してみたい。

伊藤利助は「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

しかし「君子危うきに近寄らず」 どっちつかずですね。

吉田松陰はフグを食べない

久坂玄端、高杉晋作、吉田稔麿。

松下村塾の塾生たちがフグ鍋を食べる。

吉田松陰は食べない。

黒船に乗ろうとしたり命しらずなのに。

毒のあるフグには手を出さない。

吉田松陰の心の奥にあるものとは。

フグ論争 本当の意味

フグ鍋を食べないものがもう一人。

伊藤利助。

伊藤利助はずっと考えていた。

フグを食べることが問題なのか。

吉田松陰先生が問いたかったのは違うことでは?

人が誠に恐れるべきことな何か。

それを問うているのでは?

死ぬこと苦しむこと臆病者と笑われること。

吉田松陰は死を恐れてはいない。

吉田松陰が食べない理由は他にある。

吉田松陰がフグを食べない理由

「志の果てに迎える死以外で死にとうない」

伊藤利助に吉田松陰が言います。

目先の誘惑などで足元をすくわれたくない。

だから、フグは食べない吉田松陰。

伊藤利助(=伊藤博文)は自分の志の低さに気づく。

「伊藤君、えろうなりんさい」

吉田松陰からのメッセージ。

フグを食べることを目標にしない。

大きなことをするための手段にする。

しかし、伊藤利助はフグの美味しさを知っています。

フグを解禁した伊藤博文

のちに初代首相になる伊藤利助(=伊藤博文)。

ふぐ解禁を命じる。

はじめは山口に限定。

それが全国へとたべるきっかけに。

伊藤博文はフグと縁がある運命。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー