ひるおび3月30日桐生祥秀9秒87の快走を朝原宣治が解説


スポンサーリンク

[ひるおび] ブログ村キーワード

桐生祥秀選手へのインタビュー

Q.9秒台を出した気持は?

A.風が強かったんですけど
追い風参考記録でも9秒台が出たので
こういう感じで風なしで走れたら良かったです。

Q.記録を見た時どう思いましたか?

A.ビックリしましたね。
追い風で結構走れてると思ったんですけど
9秒台出るとは思ってなかったです。

北京オリンピック男子4x100mリレー銅メダリスト 
朝原宣治氏のコメント

桐生選手の進化に驚きました。

9秒8台っていうのは
予想していなかったので
かなり驚きました。

40メートル過ぎたあたりで
前に出たんですね 桐生選手が
トップのスプリンターが速い区間と言うのが
40メートルくらいのところなんですよ。

そこで桐生選手が出てくるというのは
トップ選手のレースパターン
そういうのを感じました。

歩幅を伸ばしながらも
足の回転速度を
落とさない走りが
功タイムにつながったんだと
思います。

 注:今回は47歩で走っている。

レース後の日本代表夕食会

そこにはトップアスリートとは別の
19歳の桐生祥秀そのものの
素直な笑顔があった。

追い風参考記録なので結局は
しっかりと公認記録で
9秒台をださないといけないので。

まだ3月なので
8月の世界陸上へ、コンディションを
しっかり合わせていきたいです。

Sponsored Link


柳生選手の100メートル年次記録

  • 2009年 中学2年 11秒25
  • 2010年 中学3年 10秒87
  • 2011年 高校1年 10秒58
  • 2012年 高校2年 10秒19
  • 2013年 高校3年 10秒01
  • 2014年 大学1年 10秒05
  • 2015年       9秒87

男子100メートル日本歴代記録

  • 1位 10秒00 伊東浩司(28) 1988年アジア大会
  • 2位 10秒01 桐生祥秀(17) 2013年織田記念陸上
  • 3位 10秒02 朝原宣治(28) 2001年オスロGL
  • 4位 10秒03 末續信吾(22) 2003年水戸国際
  • 5位 10秒07 江里口匡史(20)2009年日本選手権
  • 同位 10秒07 山縣亮太(20) 2012年ロンドン五輪

追い風参考記録とは?

追い風参考

秒速2.0メートルを超える
追い風があった場合
⇒記録は公認されない。

風速が記録に及ぼす影響

追い風3.3メートル=0秒247速くなる

追い風2.0メートル=0秒161速くなる

以上の基準から
もしレースが公認される範囲の
ギリギリ追い風2.0メートルだった場合

9秒96が出ていたと推察される。

進化の秘密 オフのトレーニング

100メートル日本記録保持者の伊東浩司さんに弟子入り

伊東流ストレッチを伝授。

棒を使った独特の方法で
肩甲骨や股関節の柔軟性が向上。

その結果、
体全体を使って走れるようになった。

肉体改造を解禁

40キロのバーベルを持ち上げて階段を上り下り

感覚的にも前にうまく力を伝えられるようになったし
スタートもスムーズに出られるようになった。

 

桐生選手の今後のスケジュール

  • 4月18日~ 小田記念陸上
  • 5月10日~ ゴールデングランプリ
  • 6月6日~ アジア陸上競技選手権
  • 6月26日~ 日本陸上競技選手権
  • 8月22日~ 世界陸上

この8月22日からの北京世界陸上が
2016年リオ五輪の選考会になる。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー