TOKYOディープ!第1回高島礼子が日本橋の裏世界を探訪


スポンサーリンク

[高島礼子] ブログ村キーワード

3月30日のTOKYOディープ!。

東京日本橋を探検!

旅するのは女優・高島礼子

案内人は川路武

この方ただのサラリーマン。

ただのサラリーマンであってタダじゃない。

アサゲ・ニホンバシの仕掛け人

日本橋で人と人をつなぐ橋をかける男。

それが川路武

”アサゲ・ニホンバシ”を作った~。

朝7時45分からサラリーマン達が集う。

講師をするの日本橋を支えた”マエヒャク”。

日本橋に新風を吹き込む”アトヒャク”。

過去と未来の日本が交わる。

アトヒャクの店

川路武高島礼子を案内したのは古いビル。

昭和2年に建てられた第2井上ビル。

そこの3階の書店に行く。

アトヒャクの一人、

森岡督行さんの店。

森岡書店”。

写真集をメインに紹介した店。

海外からもお客さんが来る。

知る人ぞ知る書店。

店内は白を基調としたレトロな空間。

古い家具が本を引き立てている。

古いものが大好きな森岡督行さん。

日本橋のマエヒャク

ここからは日本橋の裏の世界へ。

目印は赤い提灯。

ニューカヤバ 銘酒コーナー

ここの店は女性だけの入店はお断り。

そんな店が今どきあるのか?

高島礼子がまず一人で行く。

女性一人だと告げると断られた。

相手が女優かどうかは問題ではない。

”おひとり女性お断り!”

「ありえな~い」

高島礼子も驚愕!!

今度は川路武さんと来店。

店の中は見事にオジサンだらけ。

でも、どうして女性一人はダメなの?

これは昔からの決まり。

男性が多いのがこの店の特徴。

この空気感を大切にしたいらしい。

男には男の話がある。

立ち飲みの店での焼き鳥は自分で焼く。

そして、日本酒は自販機。

1杯100円。

営業時間は5時から9時まで。

これは早く家に帰ってもらうため。

店主からの優しさ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー