チョイ住みinパリ千葉雄大とシェフ武井自炊旅ロケ地その2


スポンサーリンク

[千葉雄大] ブログ村キーワード

2区から16区への小旅行

旧市場LES HALLESの近くのアパルトマンに滞在しながら
なぜか16区の肉屋さんまで行こうとするシェフ武井義明さん。

metro sentier から3番線のメトロにのってjasminまで。

16区の28 Rue du Docteur Blancheにある

Hugo Desnoyerという肉屋が目的場所。

Boucherie Hugo Desnoyer
28, rue du Docteur-Blanche
Paris 16e
Tel. 01 46 47 83 00
営業時間 : 8h30-19h30
定休日:日曜 月曜
近くの地下鉄 : Jasmin
28, rue du Docteur-Blanche Paris 16e

あこがれの肉職人ユーゴ・デノワイエに出会う

フランス屈指の肉職人ユーゴ・デノワイエさんの店に到着。

シェフ武井義明さんが今、一番憧れる人物、

独自の技術で熟成される肉は
名だたる三ツ星レストランでも使われる
一級品。

シェフ武井義明さんが、デノワイエさんに
今晩アパルトマンで料理する肉を
二人分注文。

どのぐらい必要?

ハングリーと聞かれてYESとこたえると
かなり分厚い肉を切ってくれました。

重さ1キロ6500円の骨付きあばら肉を購入。

フライパンで焼くならオリーブオイルをひいてバターを少々ね。

肉に塩をしたら外側を表合計2分で焦げ目をつけ
次にオーブンで上下両面をそれぞれ8分間づく焼く。

武井さん、デノワイエさんの著書
Morceaux choisisにサインをおねだり。

外国語を駆使しての
武井さんのコミュニケーション能力に
千葉雄大くんは関心するばかり。

一方の武井さんは、
憧れのデノワイエさん、直々に
料理法を聴いたり、
著書にサインをもらったりで 
大満足。

”僕のチョイ住みは、これで終わってもいいくらいだ!”と
こちらも茫然自失。

Sponsored Link


アパルトマンの近所を散策するのだ!

一旦、二人は2区のアパルトマンに帰宅。
千葉くんはもっと当たり前の観光がしたいような雰囲気。
一方、武井さんは近くの商店街周りに思いを馳せる。
千葉君のテンションは下がりっぱなし。

この後、二人は、
rue de Montorgueilの商店街を散策。

この商店街は、クロード・モネの絵画
モントルグイユ街、1878年6月30日の祝祭”でも有名。
旧市場LES HALLESの近く。

コメディ劇場の前で役者の血が騒ぐ!

千葉雄大くんは小さな劇場の前で立ち止まる。

さすがに役者。
芝居小屋には目がないのか?

Theatre Le Melo D’amelie

4 rue Marie Stuart
75002 Paris

4 rue Marie Stuart 75002 Paris

ワイン専門店Nysa

酒はここが良いと思うんですよね。
ワイン専門店Nysaの前で
立ち止まる。
こだわりの生産者のワインを
500種類も扱う専門店。

英語でスパイシーな赤ワインを探しているんですがと
店員さんに意志を伝える千葉雄大くん。

店員さんは、シラー種のブドウを使った赤ワインを提案。

コートドローヌ地方の中でも
有名なコートドロティのワインと
もう一種のワインを選んで、
どちらが良いですかと訊く。

千葉雄大くん、おもわずコートドロティを
こっちと日本語でいうと
なぜかコートドロティと店員さんは反応。

こっちとロティが似ていたのかな?
49.50ユーロのお会計。

日本円で7000円相当。
こんな高いワイン買って大丈夫なんでしょうか?
近所の店で、その日のワインを買う。
これもちょい住み

 ワイン専門店Nysa

94 rue Montorgueil
75002Paris

94 rue Montorgueil 75002Paris

その3ではシェフ武井義明さんの
ディナーから始まるよ!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー