飛べないテントウムシによる害虫駆除とその寿命への影響!


スポンサーリンク

[サンデーモーニング] ブログ村キーワード

4月19日のサンデーモーニング。

千葉県の荒居農園からの中継。

きれいな真っ赤なイチゴのハウス。

しかし、メインはイチゴではない。

葉についているテントウムシ。

イチゴの天敵、アブラムシ

多くの植物に付くアブラムシ。

植物に流れている液を吸い取ってしまう。

植物は生気を抜き取られ、枯れていく。

これを退治するには薬もある。

しかし、アブラムシには天敵がいる。

それがテントウムシ。

テントウムシでも肉食系。

ナナホシテントウとナミテントウ。

テントウムシは空を飛ぶ

テントウムシはアブラムシを食べてくれる。

常にテントウムシがいてくれればいい。

しかし、テントウムシだって動きたい。

背中には羽が付いているのだ。

好きなときに、好きな所へ飛んでいける。

でも、農家としてはずっと滞在してほしい。

どうしたらいいのか?

Sponsored Link


飛べないテントウムシ

テントウムシが飛ばなければいい。

そう発想した人がいる。

千葉県立成田西陵高校 
地域生物研究部の生徒たち。

初め遺伝子操作かと思った。

しかし、ある意味単純。

接着剤で羽を動かないようにする。

掃除機の吸い込み口に網を付ける。

その上でテントウムシを集めて動きを止める。

そして接着剤を羽に落とす。

接着剤は剥がれる

テントウムシの羽を固定した接着剤。

これは2か月ほどで剥がれるらしい。

だから2か月間だけテントウムシは拘束される。

でも、やはり切なくなる。

きっと羽を開こうとしているはず。

しかし、テントウムシのおかげでアブラムシを駆除。

農薬を使わないので、人間には優しい。

しかし、テントウムシの成虫の寿命は
約2か月から1年。

接着剤が取れたときのテントウムシはどうなるのか。

その後の寿命はあるのか?

鎖に縛られた人間が再び自由となっても
歩くことはできないと同様。

接着剤が取れた後のテントウムシは?

飛べないのではないか?

テントウムシをとるのか、人間をとるのか。

悩みはつきない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー