錦織圭VS体育会TVテニス部3度目の対戦の意外な結果!


スポンサーリンク

[炎の体育会TV] ブログ村キーワード

錦織圭VS体育会TVテニス部3度目の対戦ルール

4月11日の体育会TV。

2015年新生体育会TVテニス部の新メンバー。

世界ランキング4位の錦織圭の対戦。

対戦は錦織圭にハンディ。

サーブはすべて体育会TV。

そしてゲームは0-30から始める。

第一ゲームは工藤阿須加

自分がチャンピオンだと思わないと勝てない。

チャンピオンを演じろ。

松岡修造から
アドバイスを受けた工藤阿須加

試される工藤阿須加

遊び過ぎたのか錦織圭のボレーがネットを越えない。

これで工藤阿須加のマッチポイント。

次に決めたのは錦織圭

バックハンドリターン。

動けない工藤阿須加

15-40 工藤阿須加は善戦するが錦織圭がポイントを重ねる。

40-40 2連続ポイントした人が勝つ。

連続2ポイントが取れない。

工藤阿須加の頭に松岡修造との練習が蘇る。

パッシングショットで錦織圭のサイドを抜いた。

40-A スピードのある外に抜けるサーブで試合を支配。

最後にボレーを決めたのは工藤阿須加

第一ゲームは体育会TVの勝ち。

第二ゲームは石井大裕

元プロテニスプレイヤーの石井大裕

高校生の時に4歳下の錦織圭にめった負け。

それが心の傷に。

問題はメンタル。

最初のボール、石井大裕は空周り。

ボールはコートの外に。

プレッシャーで体が硬くなっている石井大裕

錦織圭は容赦なく強烈ショットを繰り出す。

試合は40-40。

コート際に出た石井大裕

ボレーがコートサイドに消えた。

A-40 やはり元テニスプレイヤーには本気の錦織圭

強いボレーショットで試合を決めた。

第三ゲームは杉村太蔵

3人の中で一番メンタルが強い杉村太蔵

最初シングルでの試合を拒んだ杉村太蔵

「勝負を避けている」と松岡修造に言われる。

チャレンジする思いを持ってほしい。

松岡修造の声は杉村太蔵に届くのか。

気合いだけは負けない。

最初のサーブ、リターンする錦織圭

次のボールは杉村太蔵の頭を抜くロブ。

これをハイボレーで返したい杉村太蔵

年のせいかジャンプできない。

オジサンの悲しい姿。

杉村太蔵のプレーに不安がよぎる。

しかし、二回目の錦織圭のロブショットはアウトに。

追い詰められた錦織圭

自分から攻めていきたいと語る。

ここでAir Keiが出た。

ボールを取ら得られない杉村太蔵

30-40 まだ杉村太蔵の方が有利。

ラリーが続くと杉村太蔵は体力的にきつそう。

パッシングショットを狙うが根負けの杉村太蔵

粘り強い錦織圭のテニス。

40-40 2連続ポイントを取ったもの勝ち。

強いサーブで錦織圭からアドバンテージを取る杉村太蔵

錦織圭「ボスキャラが出てきた感じ」

体力的に問題があると思われた杉村太蔵

錦織圭の低いボールにも腰を低くして対応。

粘りに粘って最後に勝ったのは杉村太蔵

勝負は強いものが勝つわけではない。

松岡修造の感想は「複雑・・・」

ファンも最後に勝つ錦織圭を観たかったのに残念。

でも来年が楽しみに。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー