誰だって波乱爆笑又吉の出家を止めた綾部のピース結成秘話!


スポンサーリンク

[誰だって波瀾爆笑] ブログ村キーワード

5月10日放送の
誰だって波乱爆笑。

小説家デビューした
お笑い芸人又吉直樹

そんな又吉直樹にも
お笑いに挫折し
出家までしようとした
どん底時代があった。

又吉直樹は出家するはずだった?!

長編小説「火花」が人気で
お笑い芸人のみならず
小説家としても
うなぎのぼりの又吉直樹

その相棒の綾部祐二。

同期の平成ノブシコブシ。

その4人が本日登場!

最初から順調ではなかった又吉と綾部

コンビ線香花火としての又吉直樹

コンビ・スキルトリップとしての綾部祐二。

ともに同期の中では抜きんでた存在。

お笑い界の
ミック・ジャガーと
ジョン・レノンと評されてた。

しかし、綾部祐二は半年、
又吉直樹は3年で解散。

将来を嘱望されながらも
相方運はなかった。

そんな状況に絶望した又吉直樹
京都で出家を覚悟。

それを止めたのが綾部祐二。

二人でコンビ組むことに。

最低同士がコンビを結成

吉村崇と徳井健太。

ともにコンビを結成しては
解散を繰り返し。

徳井健太はお笑いの養成学校で自信喪失。

北海道に帰るつもりだった。

そこへ吉村崇から
電話でコンビ結成の誘い。

よく知らない人だったが
コンビを組むことに。

しかし、お笑い界で最下位同士。

なかなか目が出ない。

ピースにはジェラシーを持っていた。

いつか綾部祐二を呼び捨てにしたい。

吉村崇はずっとそんな事を考えていた。

だけど格差はいつまでたっても埋まらない。

超綾部=嫌なやつ

吉村崇は綾部祐二が嫌いだった。

お笑い界で男前と言われる綾部祐二。

初めから人気者で、調子に乗っていた。

テレビで隣会って出演。

吉村崇を肩で遮って話出す綾部祐二。

何も言えなかった吉村崇。

しかし、綾部祐二は何も覚えていない。

尖っている時はそんなものかも。

ギャル語で”超又吉”って言葉があるらしい。

意味は「優しい」。

実はその言葉の前に”超綾部”って言葉があった。

意味は「嫌なヤツ」。

世間からも嫌われていた綾部祐二。

綾部祐二 又吉の本を読む

本の虫の又吉直樹

それと反対に綾部祐二は本を読まない。

又吉直樹の作品「火花」もずっと読んでいなかった。

でも、相方の作品だから読むよと言っていくれた。

それから1か月後。

又吉直樹が感想を聞いてみた。

でも、まだ読み終えていない。

半分くらい。

「しんどい・・・」

綾部祐二の感想。

読み終えたのは撮影の二日前。

今まで又吉直樹が言葉にしなかった事が
本に表れていた。

徳井健太も又吉直樹のとんがっている部分が
上手く出ていたと感想。

漫才の集中力は続かない又吉直樹

執筆用のアパートを借りている又吉直樹

間取りは1K。

シンプルに机だけの部屋。

自分の家では寝てしまう。

アパートで集中して書きたい又吉直樹

しかし、漫才では集中力が続かない。

お客が気になる。

ここは笑っているけど、
あっちでは笑っていない。

誰かが動くのも気になる。

誰も動かないでほしいのか・・・。

これは困るな。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー