この差って何ですか5月24日イヌとネコの肉球で学ぶ動物学


スポンサーリンク

[肉球] ブログ村キーワード

5月24日放送のこの差って何ですか?。

ネコの肉球とイヌの肉球

この差って何?

ネコとイヌのもともとの生活環境がヒント。

どちらも今はペット。

でも、昔は野生動物。

その頃の環境の違いとは?

東京大学獣医学博士遠藤秀紀さんが解説!

イヌの肉球には滑り止めが付いている!

世の中には肉球好きな人も多い。

ネコの肉球を思い出してみましょう。

なんか柔らかくてプニプニ。

イヌの肉球のほうがしっかりしている。

そして、ザラザラ。

これが滑り止めになっているんですね。

どうしてイヌの肉球に滑り止めがあるのか?

もともとネコもイヌも野生動物。

イヌの祖先はオオカミ。

寒い地方で育つことが多かった。

雪のある地方でもいます。

雪道は滑ります。

それで足に滑り止めが必要だったんですね。

ネコは主に暖かい地方で育ちます。

雪の上を歩く必要がなかったんですね。

それで滑り止めは要らない。

ネコの肉球は体温調整をする!

柔らかくてプニプニのネコの肉球

それに少ししっとりしています。

これは汗。

暖かい地方で育ったネコ。

肉球で体温調整をしていたんですね。

どうしてイヌは寒さに強いのか?

童謡にもあるように、イヌは寒さに強い。

そして、ネコは寒さに弱い。

これにはイヌの体に秘密があったのです。

それは血管。

心臓から流れる動脈。

心臓へ戻る静脈。

イヌの場合、この2本がとても近いのです。

心臓から来た暖かい血液。

これが手足の先で冷たくなります。

そして、今度は静脈へ。

その時、隣の動脈が温めてくれるんです。

だから、イヌは寒くても平気なんですね。

「対向流熱交換システム」と言うそうです。

なんかどえらい設備みたいですね。

ホッキョクグマや皇帝ペンギンも同じです。

でも、ネコの動脈と静脈は離れています。

人間もですね。

ネコも人間も寒さには弱いってことですね。

ネコの毛色で肉球に大きな差が!?

白ネコの肉球は淡いピンク。

黒ネコの肉球は黒。

毛の色と肉球の色はリンクしている!

では問題です。

模様のあるネコの場合はどうでしょう。

トラシマのネコの肉球を確認。

ピンクの先が黒くなっている。

肉球の色がまだらになるんですね。

今度ネコちゃんに会ったら、確認してくださいね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー