この差って何ですか?6月14日しおれた花を元気にする方法


スポンサーリンク

[花の世話] ブログ村キーワード

6月14日のこの差って何ですか?。

いろんな値段の差特集。

値段の差って何で決められるのか?

花屋さんでの値段の差を追及。

同じ花なのに値段に差がなるのは何故?

花屋さんで売られているバラの花。

同じような大きさなのに値段が違う。

この差って何?

オザキフラワーパークの佐藤愛さんが解説。

実は茎の長さが違うのです。

茎が長いほど養分が多く蓄えているのです。

だから、長持ちするんですね。

茎の長さは用途によって変わる

茎が長いほど長持ちする花。

でも、どうして違う長さの茎があるのか?

それは用途が違うため。

短い花は花瓶用。

長いバラは花束用。

萎れた花を生き還らせる方法とは?

茎が長いほど花持ちがいい。

では一度萎れたら元に戻せないのか?

戻せるんです。

佐藤愛さんが教えてくれた方法。

それは「湯上げ

では、熱湯を用意しましょう。

花を新聞紙で包みます。

花びらや葉っぱに蒸気が当たらせないため。

そして、花の茎の先を切り落とします。

沸騰したお湯に入れます。

時間は約30秒。

茎の先から空気の泡が出ていきます。

茎の中の空気が膨張。

外に押し出されるんですね。

そして茎に水が入るようになるんですね。

尚、漂白剤を1滴入れるのも効果あり。

殺菌は花にとってもいいことなんですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー