サワコの朝6月20日女優市原悦子の千葉顔コンプレックス!


スポンサーリンク

[サワコの朝] ブログ村キーワード

6月20日のサワ子の朝。

ゲストは女優の市原悦子

「まんが日本昔ばなし」

「家政婦は見た」

市原悦子の代表作は誰もが知っている。

さて、女優市原悦子はどのように誕生したのか?

銀行マンよりも俳優

市原悦子は実は銀行員になる予定だった。

しかも希望だった本店勤務。

それなのに土壇場で怖気づいた。

「銀行員なんてできるの?」

それにもっと学生気分を続けたかった。

大勢でわあわあ騒いでいる感じが好きだった。

それで入ったのが名門・俳優座。

市原悦子は”千葉の顔”

市原悦子が大好きな俳優の森雅之。

黒澤明監督「羅生門」の主役。

これがいい男なのよ。

俳優座の練習をいつも見学。

じっと食い入るように見つめていた。

ある日、市原悦子に声をかけてくれた。

「明日、舞台稽古だから楽屋にいらっしゃい」

まだ20歳くらいの市原悦子

ドキドキしながら楽屋へ。

そして吸い寄せられるように森雅之のそばへ。

森雅之に聞かれた。

「どこの生まれ?」

「千葉です」

「千葉の顔だね」

大好きなイケメンの森監督。

森監督にはまだ若い小娘の気持ちはわからない。

顔にコンプレックスがあった市原悦子

こんな顔で女優を目指している。

もっと綺麗な顔になりたかった。

それなのに・・・。

森監督のことは恨んではいない。

ただ若かった市原悦子は傷ついた。

きっと千葉の人たちも傷付いたかも。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー