あさチャンサタデー有森裕子が涙で訴える新国立建設見直し!


スポンサーリンク

7月11日放送のあさチャンサタデー。

2020年に開かれる東京五輪。

あと5年・・・。

新国立競技場問題を考えるシンポジウムで

有森裕子さんが発した勇気ある発言が
波紋を呼んだ。

東京五輪のメイン会場が大問題!

2020年の五輪。

東京に決まった時、多くの人が歓喜に沸いた。

日本人であることに自信を持った。

しかし、東京五輪で問題が上がっている。

その一つが”新国立競技場”。

東京五輪のメイン会場。

これのどこが問題なのか?

新国立競技場が負の遺産になる?!

7月6日(月)。

「新国立競技場問題を考えるシンポジウム」

出席した銀メダリスト有森裕子

涙ながらに語った。

「一人のアスリートとして本望ではありません」

新国立競技場の建設費は現在2520億円と言われる。

莫大な金額。

この金額をどこから捻出するのか?

税金である。

五輪終了後、活用されなくなれば負の遺産。

国民には借金だけが残る。

それに対する批判は選手たちに向けられる。

それを恐れている有森裕子

スポーツ=負の遺産。

そんな事にはにはしたくない。

清水宏保も新国立競技場には反対

東京五輪はコンパクト・オリンピック。

競技場が近くて、選手が移動で苦労しない。

そして金額的にもコンパクトであってほしい。

東京五輪の主役は誰なのか?

誰が何に感動するのか?

東京五輪のメインは斬新なデザインの競技場なのか?

もう一度考えてほしい。

多くの人が新国立競技場に反対表明

大阪市長の橋下徹。

「借金を背負っている家でフェラーリを買うのか?」

新国立競技場をフェラーリに例えて非難。

与党である自民党。

その中でも反対する人もいる。

衆院議員の後藤田正純。

「東京の一等地に負の遺産を作ってはいけない」

俳優の渡辺謙もツィッターで物申す。

大きな体育館で大きな借金に疑問を投げかける。

本当に後戻りはできないのか?

「もう時間はない」

今から国際コンペをやる時間はない。

安倍首相の意見だ。

国際コンペ以外のやり方はないのだろうか?

走り出したから止まれない。

そうではないはず。

まだ5年ある。

一致団結したい。

ピンチをチャンスに変えてほしい。

未来へ正しい遺産を残してほしい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー