王様のブランチ7月4日宮崎あおいが役所広司をバカ呼ばわり


スポンサーリンク

[王様のブランチ] ブログ村キーワード

7月4日放送の王様のブランチ。

7月11日公開の映画「バケモノの子」。

声優を務めた役所広司、宮崎あおい、大泉洋、リリー・フランキーにインタビュー。

バケモノと人間の子の絆を描く

渋谷の夜に一人うずくまっている少年。

少年・九太に声をかけたのはバケモノ・熊徹。

全身毛だらけの大きな体。

二人はバケモノの世界で生活を始めるが・・・。

監督は細田守。

作品は「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」など。

大人も楽しめるアニメを製作。

孤独な少年とバケモノ・熊徹との絆を描く。

バケモノで声を潰す役所広司

役所広司にとってはほぼ初めてのアフレコ。

しかもバケモノ・熊徹役。

務まるのかと不安気だった役所広司。

演じる上で気を付けた事。

「気持ちをバケモノにすること」

ずっと叫んでいる役ところ。

二日目の朝には完全に声が枯れていた。

初めての少年役を演じた宮崎あおい

「おおかみこどもの雨と雪」。

声優を務めた宮崎あおいは母親役だった。

今度の役名は「久太」。

台本に貼られたポストイット。

役名が書いてあった。

事務所の人が間違った書いたと思った。

台本を読むとやはり少年。

まさか少年の声を担当するとは思わなかった。

Sponsored Link


宮崎あおいが役所広司をバカ呼ばわり

久太を弟子にしようとする熊徹。

それに対抗する久太。

二人の掛け合いが映画の見どころ。

「あおいちゃんが気持ちよさそうに僕のことバカ呼ばわりして」

にこやかに話す役所広司。

役所広司をバカ呼ばわりは普段出来ない。

宮崎あおいは思う存分やれせてもらった。

顔で選ばれた大泉洋

老けた猿顔のバケモノ”多々良”は大泉洋。

是非、大泉洋にと熱望されて来た仕事。

オファーが来た時はとても忙しかった。

マネージャーは断る予定。

しかし、台本がとてつもなく面白かった。

マネージャーにスケジュール調整を依頼。

各方面に無理をお願いしてもらった。

調整して出来た2日間で収録。

しかし、大泉洋は監督のコメントに驚愕。

「顔が似てるからお願いしました(笑)」

似ているからって熱望されたんだ~。

痩せている豚のリリー・フランキー

豚のバケモノ”百秋坊”役はリリー・フランキー。

豚の役ってちょっと違うと思った。

しかし、キャラクターを見て納得。

痩せた豚なら大丈夫。

まるでサウナのような収録

「収録で何か印象に残っていることは?」

質問されたリリー・フランキー。

印象に残っているのはアフレコ現場。

役所広司、大泉洋と3人で現場。

男3人だと、熱気がムンムン。

まるでサウナのような状態。

緊張感、温度感がすごかった。

吸っている空気が濃い~。

主題歌はミスチル

7月11日公開の映画「バケモノの子」

主題歌は「Starting Over」

歌うのはMr.Children。

映画を盛り上げる音楽にもご注目を!

Starting Overの制作過程は下記のリンクからどうぞ!


SONGS新生ミスチル365日の記録!小林武史からの卒業

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー