火サプ!三浦春馬のアポなし長崎ソウルフード茶碗蒸しの旅


スポンサーリンク

[火曜サプライズ] ブログ村キーワード

7月28日放送の火曜サプライズ。

ゲストは三浦春馬

ウエンツ瑛士と長崎でアポなしグルメ旅。

今日は長崎のソウルフードのご紹介!

アポなしグルメの時間がな~い

長崎にやってきた三浦春馬とウエンツ瑛士。

ここでゆっくりしたいところ。

でも、このあと軍艦島に行く予定。

時間がないんですよ!!

それでも地元の人に美味しい店聞いちゃった!

長崎名物 茶碗蒸し

長崎の名物と言えば、ちゃんぽんにカステラ。

いえいえ、地元民にとっては茶碗蒸し。

長崎には茶碗蒸し専門店があるんです。

紹介してもらったのは「吉宗」。

”よしむね”って読みませんでした?

こちらは”よっそう”って読むんです。

開店前に無理やりごめんなさい

地元の女性が教えてくれた「吉宗」

ところが運悪く「準備中」

開店時間は11時。

ただいま、10時45分。

早目に開けてくれないかな~。

店の中を覗きこむ三浦春馬

その様子に店員さんが気づいてくれた。

ここで取材交渉。

今支度中なのでとやんわりと断れれる。

「そこをなんとか~」って感じでお願い。

11時の開店時には食べられるように仕込み中。

先に中で待っていたい三浦春馬とウエンツ瑛士。

取材交渉成功!

店の中では会議が開かれていた。

開けるべきか開けないべきか・・・。

でも扉が開かれた。

我が儘聞いてくれてありがとう。

2階に通される三浦春馬とウエンツ瑛士。

2階に上がる前にすることがある。

店員さんが木札2枚を合わせて鳴らす。

これがお客様が上がる時の合図。

小気味いい音。

吉宗(よっそう)の名前の由来

赤い階段を登った2階は大きな広間。

吉宗(よっそう)の名は初代の社長の名前が由来。

初代の社長の名前は吉田宗吉信武。

よしだそうきちのぶたけ。

吉田の吉と宗吉の宗を合わせて吉宗(よっそう)。

ぷるんぷるんの茶碗蒸し

三浦春馬とウエンツ瑛士が頼んだものが到着。

”茶碗セット”1350円税込。

お盆に乗った蓋つきの丼が二つ。

これが茶碗蒸しと蒸寿司。

まずは茶碗蒸しからいただく。

蓋をあける。

う~ん、香りがいい。

ここの茶碗むしは箸では食べられない。

キメが細かいし、とっても柔らかい。

ぷるんぷるん、なのだ。

茶碗蒸しの具は10種類。

エビ、たけのこ、鶏肉など。

一口食べた三浦春馬

コクがあると絶賛

「ダシがスッゴク利いています」

とっても嬉しそうに食べる三浦春馬

蒸寿司は寿司めしを丼に入れて蒸します。

その上に錦糸卵、タラのでんぶ、穴子のそぼろ。

そして、更に蒸して出来上がり。

3種類の具に味がしっかり付いていますね。

その分寿司めしがさっぱり仕上げています。

こちらも美味しそうです。

この店に来て良かったと満足げな三浦春馬

茶碗蒸しは長崎のソウルフード。

地元の人が愛している味に触れられましたね。

11時開店の店を11時に出ることができました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー