メレンゲの気持ち前髪クネ男勝地涼が演歌歌手勝勝太郎に転身


スポンサーリンク

[メレンゲの気持ち] ブログ村キーワード

7月11日放送のメレンゲの気持ち。

28歳になった俳優の勝地涼がゲスト。

幅広い役をこなすことで有名。

そんな勝地涼の素顔とは?

前髪クネ男と呼ばれて

2013年、大河ドラマに出演していた勝地涼

その頃、朝ドラは「あまちゃん」。

宮藤官九郎の脚本。

スタジオに行って出演させてと懇願。

1回だけゲスト出演。

大河ドラマ出演者は朝ドラに出ない。

そんな暗黙の了解を打ち破ってしまった。

そして、もらった役が前髪クネ男

あまりのインパクトで、記憶に残る役になった。

前髪クネ男は古田新太の演出!

台本のト書きに前髪クネ男の事が書いてあった。

・ウォレットチェーンを付けている

・腰をクネクネさせながら前髪をいじる

それを踏まえて演技の予定。

本番前に古田新太に見せた。

「つまんねぇな」

古田新太から言われた勝地涼

そこから古田新太からの指導がスタート。

約1時間。

腰の動きや前髪の気に仕方について注意。

ほぼほぼ演出してできたのが前髪クネ男

勝地涼が演歌歌手デビュー

宮藤官九郎のラジオ番組「オールナイトニッポン」

リスナーから詞を募集。

1文ずつ繋ぎ合わせて作った詞。

それに曲が付いた。

せっかく作った歌を誰に歌ってもらおう。

「勝地くんでいいんじゃね」

宮藤官九郎の一言で全て決定。

歌は勝地涼

アーティスト名は「勝 勝次郎」

タイトルは「お風呂はぬるめの勝次郎」

デビューは7月15日。

スタジオで持ち歌披露

マイクを渡される勝地涼

嫌がりながらも歌う姿勢。

「チャラいやつだとお思いでしょうが・・・」

しっかり歌ってくれました。

基本断れない人なんですね。

歌えと言われたら歌う。

演歌歌手になれと言われたらデビューしちゃう。

藤原竜也をビンタ

舞台「ムサシ」

藤原竜也が宮本武蔵役。

勝地涼は佐々木小次郎役。

尊敬していた役者の藤原竜也。

稽古中も敬語を使っていた。

ある日飲みの席で藤原竜也に言われた。

「武蔵と小次郎なのに、いつまで敬語使っているだ」

当時まだまだ尖がっていた勝地涼

「そういうスタイルなんで」

と言い返した。

「つまんねぇな」

藤原竜也の言葉に言い返せなかった。

たくさん言いたいことはあったはずなのに・・・。

思わず手が出てしまった。

藤原竜也に平手打ち。

「なかなか やるじゃねえかよ」

そう言ってくれた藤原竜也。

藤原竜也は芝居も遠慮しているのでは心配。

その気持ちに気づかなかった若い勝地涼

でも「なかなか・・・」って、なかなか言わない。

やり取りが面白いと思った勝地涼

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー