YOUは何し日本へマイケル25年後のホストファミリー探し


スポンサーリンク

7月20日放送のyouは何しに日本へ。

youの夢叶えます企画。

採用されたのはロックラン・マイケルさんの夢。

ホストファミリーに会いたい~。

高校留学で1年間留学

マイケルさんが高校生だった時。

偶然紹介された留学プログラム。

岐阜県関市で1年間留学。

それがきっかけで日本が好きになった。

日本の大学卒業。

日本人の女性と結婚。

子供も二人できた。

ずっと会っていないホストファミリーに会いたい。

感謝の気持ちを伝えたい。

ホストファミリーは6組

マイケルさんがお世話になったホストファミリー。

実は6組。

2か月ごとにホストファミリーを転々。

住所や連絡先は不明。

手がかりは写真だけ。

マイケルさんの記憶はとても曖昧。

手がかりを発見!

初日、東京から名古屋。

そして岐阜に向かったマイケルファミリー。

妻の和代さん。

息子の瑠久(ルーク)くんと娘の瑛美(エイミー)さん。

マイケルファミリーはホストファミリーに会えるのか?

とっても素敵な手がかりがあった。

それはマイケルさんの日記。

それと留学生用の名刺。

名刺の裏にはホストファミリーたちの連絡先。

これで再会は問題なくできそう!

1番目のホストファミリー、安田さん

番組では交通費と食事代をサポート。

ドライバー付きの車も用意。

住所もわかっている。

最初のホストファミリーは安田さん。

安田医院を経営していた。

住所を頼りに安田医院を発見。

しかし、看板はない。

貼り紙をみるともう医院はやっていない。

隣の自宅を訪問。

自宅は見覚えがある。

出てきてくれたのは娘さん。

ご主人はまだ。

車で帰って来たご主人と対面。

安田学さん73歳は、16年前奥さんと死別。

今はロシア人の奥さんと再婚。

英語の先生をしていた安田学さん。

マイケルさんに日本語を教えてくれた。

本当に頭が良かったマイケルさん。

日本語がメキメキと上達。

2番目のホストファミリー、各務かかむさん

2番目のホストファミリーの各務さん。

奥様はパワフルな方で、同世代の3兄弟がいた。

一緒に東京旅行をした思い出がある。

25年間で街並みは一変。

歩いてもわからないマイケル。

町の人に聞いてみる。

「25年前に留学していた者なんですが・・・」

声かけた人が偶然、各務喜子さんだった!!

こんなのあり?

そして家の中から3兄弟。

長男の幸博さん、次男の博文さん、三男和博さん。

25年ですっかり変わった3兄弟。

ご主人の敏博さんは8年前に他界。

遺影に感謝を伝えるマイケルさん。

3番目のホストファミリーはは足立さん

25年前の通学路を家族で歩く。

足立さんちにはご夫婦でいてくれた。

当時のマイケルさんのことを聞く。

牛肉の方が高級という意識が強かったマイケルさん。

豚肉は食べたくない当時。

今は丸くなったマイケル。

若い頃は尖っていたので息子もビックリ。

帰りに大きな胡瓜をお土産にもらちゃった。

ありがとうございます!

4番目と5番目のホストファミリー

4番目にお世話になった服部さん。

残念ながら不在。

5番目の板津さん。

病気療養のため撮影はNG。

でも再会を喜んでくれました。

感謝です!

最後のホストファミリー、広瀬さん

玄関に出てきてくれたのは奥様。

マイケルさんの顔を見ると、

「あらっしばらく・・・」

ちゃんと覚えてくれてた。

ご主人は80歳になりましたが、とっても元気。

留学当初はおとなしかったマイケル。

でも留学で社交家的に。

友達と遠くにまでよく出かけていた。

日本語以外にもたくさんの事を知ったマイケルさん。

サプライズバスツアー

ホストファミリーたちと再会した翌日。

マイケルさんのもうひとつの夢を実現。

それは白川郷への旅。

留学生の時に行って、感激した場所。

そこへ家族で行く。

途中で、ホストファミリーたちを発見。

実はこれがサプライズ。

マイケルさんの子供たちも協力。

ホストファミリーとのバスツアーを企画。

知らなかったのはマイケルさん本人だけ。

子供たちはツアーの旗まで用意。

マイケルさんの思いでの場所 白川郷

サプライズ・バスツアー。

参加してくれたのはホストファミリーは2組。

安田さん夫婦と各務さん親子。

マイケルさんの大好きな白川郷へ到着。

25年前と同じ場所で写真。

昼食は「ます園 文助」

特別コース 一人4000円を用意。

貸切で20名で予約。

人数がわからなかったもので・・・。

子供たちからのサプライズ

食事会で子供たちからのサプライズ。

それはホストファミリーへの感謝の手紙。

「僕たちが生まれたのはみなさんのおかげ」

突然の訪問なのに温かく迎えてくれた事。

良くしてくれた事に感謝。

最後に一人一人にメッセージカード。

ホストファミリーだけでなくスタッフまで。

そしてそれを回収。

机に並べると・・・。

なんということでしょう!

メッセージカードを繋げると更にメッセージ。

「関市でyouの夢叶いました!」

子供たちの思いに胸打たれました!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー