ボクらの時代川合俊一の破天荒現役時代と眞鍋監督奇策の内幕


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

8月2日のボクらの時代。

バレー全日本女子監督、眞鍋正義。

バレー元全日本、河合俊一

バレー全日本男子監督、南部正司。

懐かしい話から今のチームの話まで。

睡眠が苦手な川合俊一

睡眠を取るのが苦手だった川合俊一

夕飯食べてすぐ寝ている川合俊一

現役時代10時が門限。

点呼の時は、爆睡しながら返事。

10時以降に起きてスーツに着替える。

帰ってくるのは翌朝5時、6時。

世渡り上手な川合俊一

ホテルでは支配人クラスの人と仲良くなる。

これが川合俊一の鉄則だった。

ロビーにはバレーボール関係者がいる。

怒られてしまう。

ストレスで次の試合に勝てないかも。

裏口の鍵を貸してもらう。

抜け目ない。

頭のいい川合俊一

川合俊一のこだわりのヘアスタイル

同室だった眞鍋正義は見ていた。

川合俊一の異常な髪型へのこだわり。

ムース3本、スプレー、大型のドライヤー。

ミストにロールブラシ3種類。

ムースは頭全体に付ける。

ドライヤーは固定し、ロールブラシでセット。

最後はミストで前髪の根元を固める。

川合俊一と同じ髪型

川合俊一の現役時代テレビ中継が多かった。

眞鍋正義など他の選手もオシャレを意識。

セットしてほしいと川合俊一にお願い。

3人くらいの髪をセットしてあげた。

おかげで皆んな同じ髪型。

破天荒な生活が勝利の源

門限を守らなかった川合俊一

飲んで帰った日の練習は一生懸命やる。

大声を出して練習に励む。

監督もコーチもそれを見て何も言わない。

その後キャプテンに指名された川合俊一

門限を破ることなく優等生に。

睡眠もばっちり取ると成績は低迷。

引退が早まった?原因かも・・・。

セッター泣かせのでたらめサイン

川合俊一からセッター眞鍋正義へのサイン。

試合の前半、サインはでたらめ。

違う人にトスする眞鍋正義。

後半はそろそろボールを寄越せと。

その後は怒涛の攻撃ラッシュ。

前半に頑張るとマークされてしまう。

それにテレビ中継を意識。

後半に注目されるので、後半にスパート。

結果翌日の新聞には川合俊一の雄姿が掲載。

やはり計算高いんだな。

女子バレーチームの髪型を同じに!

小柄な日本人が世界で勝つ方法。

眞鍋正義は考えた。

「選手みんなを同じ髪型にしよう」

同じ髪型にすると欧米人は見分けられない。

しかし、選手からクレーム。

特に竹下佳江。

怒られた~。

女子からしたら当たり前。

何言うてんのって感じだよね。

勝利の秘策 背番号変更大作戦

どうしても勝ちたい眞鍋正義。

またまた考えた。

全員の背番号を変えよう。

しかし一番困ったのはスタッフと自分。

誰が何番かわからなくなった。

でもそこまでしても勝ちたい。

いろいろ考えるんですね。

女子選手に説明は不要

3か月に一度、女子選手を訪問する川合俊一

女子の反応には驚かされる。

話を聞いている時と聞いていない時。

その差が歴然。

でも内心何を考えているのかは不明。

眞鍋正義の話では、

「顔でかい」とか「顔長い」とか。

違うことを考えている可能性ありだと。

川合俊一が理路整然と説明しても響かない。

やって見せる。

それが一番選手に響く方法。

眞鍋正義データバレー誕生のきっかけ

女子選手は細かいことにこだわる。

眞鍋正義が女子選手に指導する時間。

あの人には5分。

でも私には2分。

どうして?

どうしたら納得してもらえるだろう。

考えたのが数字。

数字を提示して納得してもらう。

練習中のアタックの決定率などを集計。

翌日貼りだす。

いい選手6人を使うと選手に宣言。

それ以降選手間の嫉妬がなくなった。

これがデータバレーのはじまり。

女子バレー選手の誕生日

女子選手の誕生日。

全員でお祝いする。

しかし代表の期間は約半年。

冬場に誕生日を迎える選手もいる。

そんな選手にはメールを送る。

スタッフ全員で選手にメール。

結構、邪魔なお仕事(?!)かも・・・。

プレゼントを渡す眞鍋正義監督。

これが女子監督の気配り?

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー