水槽アートの達人志藤範行が案内するマツコの知らないアクアリウムの世界


スポンサーリンク

[マツコの知らない世界] ブログ村キーワード

9月15日放送のマツコの知らない世界。

マツコの知らないアクアリウムの世界。

今回案内するのは志藤範行さん。

見るからに癒し系の男性。

両刀使いの案内人

マツコ曰く日本茶カフェをやってそうな男。

志藤範行さん45歳。

会った瞬間に笑いが出る。

う~ん、人とは違う香りがする?

そして志藤範行さんは両刀使い。

それは「魚」と「水草」

なんか誤解してしまう言い方。

マツコと同じ世界の人?!

2015年の世界一のアクアリウム

年に一度のアクアリウムの祭典。

世界水草レアウトコンテスト。

2001年から開催。

優勝賞金は100万円。

第1から第3回までは日本人が優勝。

その後ずっと日本人の優勝者はなかった。

しかし、2015年日本人がグランプリに!

深田崇敬(たかゆき)45歳。

志藤範行さんの仲間。

東京アクアスケ―プユニオンTAUの一員。

東京近郊のレイアウト愛好家による集団。

深田崇敬さんの作品は「憧憬」。

水中のアマゾンを表現。

水草から立ち上げる酸素のシャワーが美しい。

魚は透明感のある魚で脇役に徹している。

これはマツコの好きなタイプ。

アクアリウムで大事なのは距離と表情

マツコも興味のあるアクアリウムの世界。

魚と水草が欠かせない。

魚がいると水が汚れる。

水草だけでいいと言っていたマツコ。

しかし魚がいるとアクアリウムに動きが出る。

魚の大きさでアクアリウムの見方は変わる。

グッピーなど小さな魚は50㎝から1mの近さで。

離れると魚の表情が見えない。

小さなエビの手足が小刻みに動いているのも観察できる。

水草が光合成をして酸素が発生するのも見える。

シルバーアロワナのような魚は離れてみる。

健康状態を見るなら1m離れて。

泳ぎを見るなら3m位離れて。

部屋の大きさも考えないといけない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー