林先生が驚く初耳学10月25日卵焼きには水を入れる!?


スポンサーリンク

[林先生が驚く初耳学!] ブログ村キーワード

2015年10月25日林先生が驚く初耳学!。

出題者は日本料理界の重鎮。

分けとく山の野崎洋光さん。

野崎洋光さんは最近の家庭料理は間違いが多いと話す。

その野崎さんが話す卵焼きの秘密とは?

青魚に臭み消しはいらない

イワシやサバの煮付け料理。

下味に生姜を使う人は多い。

これは青身魚の臭みを取るため。

でもそれは昔の話。

今売られているイワシやサバ。

臭みがあるものはない~。

今の時代は流通技術が発達。

生姜を入れなくても美味しく料理ができる。

卵焼きはだしよりも水を入れた方が美味しい!

林修先生も初耳!の話。

卵焼きの旨みはあくまで卵。

だしを使ったのでは卵の味を損なわれる。

山本美月が水入り卵焼きを試食。

卵の味がダイレクト。

「美味しい!」

分けとく山の水入り卵焼きの作り方

材料

  • 卵 3個
  • 砂糖 大さじ1
  • 薄口しょうゆ 小さじ1

これをボールの中でかき混ぜます。

それから卵の3分の1の量の水を追加。

卵3個なので、水50ml。

どうして水を入れるのか?

卵焼きには水。

どうして水を入れるのか?

卵だけだと固く焼きあがってしまう。

固いと卵の味がしない。

水を入れてちょっとゆるめる。

水が卵の味や風味を舌に伝えてくれる。

それで美味しく感じる。

弁当用にはだし入りを

作りたてをすぐ食べるなら水入りの卵焼き。

でも時間が経つと味が落ちる。

すぐ食べないお弁当。

この時にはだし入りの卵焼きの方が美味しい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー