ぼくらはマンガで強くなった野球選手が語るあだち充ワールド


スポンサーリンク

9月27日放送のぼくらはマンガで強くなった。

あだち充の作品特集。

スポーツ選手を刺激したあだち充作品。

その魅力をプロアスリート達が語る。

あだち充の絶妙なライバルの存在

「H2」の国見比呂、橘英雄。

同じ野球部のチームメイト。

別の高校に進学し、ライバルになる。

野球のライバルで恋愛のライバル。

やはりライバルの存在はドラマを作る。

誰にもライバルはいる。

意識する相手がいるからこそ成長できる。

阪神のエース藤浪晋太郎。

高校時代のライバルは同じチームの澤田圭佑。

澤田圭佑がいた。

だから頑張れた。

主人公とヒロインの顔が同じ?!

あだち充の主人公とヒロイン。

ほとんど同じ顔。

おなじ人物が違う役を演じている。

この顔を見たら、主役だと思え。

あだち充漫画の普遍性。

あだちズボンも普遍性

元編集長の市原武法。

あだち漫画に描かれるズボン。

勝手に「あだちズボン」と呼んでいる。

Gパンかな・・・ってたまに思う程度。

どんなズボンなのか謎のズボン。

女子はワンピースが多い。

服装に流行を取り入れないのがあだち流。

だからルーズソックスなんて絶対に×!

どの時代でも愛される作品を目指す。

野球の楽しさを伝えるあだち充の世界

日本にJリーグが登場した前の年。

あだち充の「H2」がスタート。

時代の流れはサッカーだった。

しかし、野球の面白さを伝えたい。

あだち充の思いが込められた作品。

怪我をした主人公がもう野球ができないと思いこむ。

代わりに始めたのはサッカー。

サッカーチームと野球愛好会との試合。

運動神経のいいサッカーチームが優勢。

だんだん野球をバカにしたようなプレーに。

それが我慢できない主人公。

試合の途中で退部して野球愛好会へ入る。

「タイムアウトのない試合の面白さを伝える」

このシーン、五輪協会の人にも見せたい。

すっかりCM主義になった五輪に喝!

あだち充の野球愛で熱くなるシーン。

片岡安祐美も真似たあだちワールド

茨城ゴールデンゴールズの監督兼選手。

片岡安祐美。

あだち充の「クロスゲーム」

主役の月島青葉は片岡安祐美がモデル。

片岡安祐美に影響を与えたのは「H2」

国見比呂は雨宮ひかりと幼なじみ。

ひかりの誕生日。

比呂が野球の試合に負けたら好きなものを買ってあげる。

比呂が勝ったら、ウイニングボールをプレゼント。

誕生日にはいつも比呂は勝つ。

これを片岡安祐美も真似たことがある。

茨城ゴールデンゴールズ。

初ヒットは4月24日だった。

そのボールを父親へプレゼント。

父親の誕生日は4月20日。

4日遅れのプレゼントに喜んでくれた父親。

あだち充が描いた競泳の世界

大河ドラマや朝ドラ、映画に活躍する藤本隆宏。

実は元競泳選手。

バルセロナ五輪では個人メドレーで決勝進出。

8位入賞。

あだち充の競泳漫画「ラフ」。

藤本隆宏は主人公の気持ちで読んだ。

あだち充の泳ぐシーンの描き方にも感動。

肘の角度が理想的。

水泳を知っていないと描けない。

ビジュアル的にもクォリティが高い。

飛込みシーンではそれが如実に表れている。

体が曲がったパイクスタート。

体がまっすぐなノーマルスタート。

登場人物によってスタートの仕方を変えている。

水泳をテーマにしてくれたことが嬉しい。

この漫画で水泳をもっと身近に考えてもらえる。

藤本隆宏はそれが何よりも嬉しい。

ハマの番長を魅了する浅倉南

「タッチ」のヒロイン浅倉南。

気立てが良くて、優しい南ちゃん。

しっかりしていた女の子。

新体操する姿も可愛い。

横浜DeNAの三浦大輔も南ちゃんのファン。

こんな彼女が欲しい~。

男子の憧れの女子。

しかし、女子から見るとちょっと違う。

こんなできた子いない!!

これはやっかみなのか・・・。

チームワークの大切さを伝えるあだち充

スポーツをモチーフにしながら日常を描く。

あだち充の主人公は等身大が多い。

練習が嫌いだったりする。

スポーツのシーンがない時もある。

登場人物たちの恋愛ドラマでキュンとする時もある。

スポーツのさわやかさと団結力を伝える作品。

野球解説者の里﨑智也が好きなシーン。

「タッチ」

達也がホームスチールを決めて勝ち越し。

しかし監督代行の柏葉は不満げ。

監督のサインを無視したプレーだと言う。

柏葉は現役時代、先輩たちにしごかれた。

監督代行でしごくことで当時の復讐をしていた。

しかし特訓だと受け取る部員たち。

柏葉から嫌いだと言われる達也。

どうせなら徹底的に嫌われたい。

「だったら甲子園に行くんだな」

柏葉の気持ちも部員たちと同じ。

これで一致団結!

読者のハートを熱くしたシーン。

やはりあだち充漫画は面白い。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー