旅する相棒水谷豊×木梨憲武が佐野量子と30年振りの再会!


スポンサーリンク

共通の友人を訪ねる

2日目は木梨憲武が案内。

ロンドンタクシーで高速に乗る。

50分くらいかけて共通の友人のもとへ。

水谷豊はどこに行くのか知らされていない。

でも気が付いた。

それは行先を示した表示のおかげ。

「JRA栗東トレーニング・センター」

共通の友人は騎手、武豊。

東の豊と西の豊

JRA栗東トレーニング・センター。

約2000頭が集まる競走馬の調教施設。

武豊の周りには報道陣が多い。

さすが通算3700勝の天才騎手。

朝5時から調教を行っている。

しばし調教が終わるのを待つ水谷と木梨。

8時に調教終了。

東西の豊が揃った。

佐野量子が会いたがっている

今まで武豊の自宅撮影はNG。

それは奥様・佐野量子が承諾してくれなかったから。

でも今回はお許しが出た。

その理由は水谷豊の存在。

佐野量子のデビュードラマは水谷豊と共演。

もともと水谷豊のファンだった佐野量子。

水谷豊なら会いたい。

30年ぶりの再会が実現した。

佐野量子のデビュー映像

武豊の自宅に到着。

門が大きい洋風な家。

道路沿いにガレージが二つ。

門の中にもガレージが更にある。

玄関に入ると佐野量子が待っていた。

20年ぶりのカメラに思わず隠れる。

自宅の中には馬の置物がいっぱい。

やはり馬が好き!

木梨憲武が特別なプレゼントを用意していた。

ドラマ「気分は名探偵」のDVD。

30年前の水谷豊と佐野量子が映っている。

出来れば見たくない佐野量子。

うろたえる。

夫・武豊にお願い。

「観ないでもらえる?}

演技は上手くないがセーラー服姿はカワイイ。

あれから20年。

今の佐野量子はフィギュアスケートに夢中。

チームメイトはほとんど小学生。

子供たちと一緒に合宿までした。

武豊が引退するまで続けたい。

「一緒にするな!」と武豊から喝。

ランチは京風うどんすき

ランチは武夫妻が出前をとってくれた。

お気に入りのうどん屋さん。

岡崎の権太呂。

京風うどんすき権太呂鍋 1人前4320円。

生きている車エビ、孟宗茸、湯葉。

ハマグリ、鶏肉など。

しかも店員さんによるサーバー付き。

自家製うどんは歯ごたえがいい。

豪華なランチでした。

京のゴイスーのミータク

水谷豊が会いたかった人に会う。

恒例、ゴイスーのミータク。

説明すると凄い匠。

生け花の匠、珠寶(しゅほう)さん。

大光明寺で待ち合わせ。

1339年創建の枯山水のキレイな寺。

珠寶(しゅほう)さんは自然の命を扱う立場で生ける。

水谷豊と木梨憲武をイメージして生ける。

生けるまでしばし間を置く。

これはいつもの場のこと。

場の空気が寄ってきたと感じた時点で始める。

静かな時間。

礼をして生け始めた。

ハサミの音だけ。

剣山を使わないのが珠寶(しゅほう)さんの特徴。

使うのは藁の束(こみわら)を使用。

ガラスの平たい器に桔梗を生けた。

それから庭をちらちらと見る。

雨の中一枝探しに行く珠寶(しゅほう)さん。

足がしびれてきた木梨憲武。

摘んできたのはあせびの新芽。

それを根元に生けた。

終わると子供っぽい笑顔を見せた。

二人が野で遊ぶ様子と未来への広がりを表現。

新芽で純粋さを表した。

生け花を体験

花は嘘をつかない。

生け花を体験する水谷豊と木梨憲武。

お互いをイメージしたものを作る。

木梨憲武は軸に小さな花を選んだ。

中央に長く伸びるススキの葉。

ススキの葉の先を大きくカーブさせた。

軸の小さなスタッフは水谷を支えるスタッフ。

音声、技術、カメラ。

ススキは一人娘。

娘は外を見ながら大人になっている。

重心を低くしたことで力が生まれている。

水谷豊の作品はハスの花を中央に。

まっすぐ上に伸びた2本のハス。

ピンクのつぼみを付けている。

「楽しんでおられた」

珠寶(しゅほう)さんの感想。

木梨憲武の事とは関係なしに生けた。

思うようにできないことを学んだ水谷豊。

こうしたいって画がある。

でも思うようにならない。

思うようにならないからクセになる。

それが偶然木梨憲武自身に繋がっていた。

最後は鳥鍋で〆

旅のゴールは鳥鍋屋。

ロンドンタクシーともお別れ。

ここも京の老舗。

鳥彌三(とりやさ)。

創業277年の鳥鍋の名店。

国の有形文化財でもある。

二人の行きつけの店。

鶏の水炊き 1人前12960円(コース料金)

京都の名水で三日間煮込んだスープは白濁。

「美味しいね」

至福の味。

食べた量にうるさい木梨憲武。

何個食べたか申告しないと喧嘩になりそう。

最後は雑炊。

味は塩かポン酢の2種類。

木梨憲武は塩派。

水谷豊に塩を勧める。

しかし水谷豊はポン酢派。

好きなものは譲れない。

ドラマ相棒で大切にしているもの

とうとうシーズン14になったドラマ「相棒」

新しい相棒も登場。

相棒が変われば違う世界が始まる。

水谷豊も新しい相棒を楽しみにしている。

木梨憲武からの質問。

ドラマの中で大切にしているものとは?

右京は刑事。

情に負けそうになることが多い。

情を持ち過ぎてはダメ。

でも情がなくてもダメ。

そのバランスを大切にしている。

新しいシーズンも楽しみである。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー