Aスタジオ10月30日蒼井優が結婚式で親友ロスのボロ泣き


スポンサーリンク

[Aスタジオ] ブログ村キーワード

2015年10月30日。

Aスタジオのゲストは蒼井優。

MCの笑福亭鶴瓶とも何度も共演。

知っているけど知らなかった蒼井優とは?

ライオンキングのものまね

2001年堀越高校に入学した蒼井優。

心に決めていたことがある。

”男友達を作らない”

目を合わせない。

口もきかない。

親友としか行動しない。

高校の3年間、大人しく過ごした蒼井優。

しかし、実際は違っていた?!

同級生たちと会った時に言われた。

「ライオンキングのものまねばかりしていた」

どうやらミュージカルのライオンキングのものまね。

どんな感じだったんでしょう。

再現してほしかったですね~。

親友ロスでボロ泣き

大親友の丸高佳子さん。

修学旅行をさぼって沖縄旅行した仲。

その親友が結婚・・・。

誰かのものになってしまう~。

長年つきあっていた彼氏に振られた想い。

そんな気持ちで結婚式のスピーチ。

式場近くの喫茶店でスピーチの下書き。

書きながら号泣。

式に始まる前に親友に会いに行って号泣。

式場に入って号泣。

式が始まって親友の姿を見て号泣。

泣きすぎ。

スピーチの時には「え~ん」って泣いた。

マイクがキレイに「え~ん」を拾ってくれた。

え~ん、え~ん、え~ん。

式場に反響する「え~ん」

式に参加する人は温かい目で蒼井優を見てくれてた。

しかし泣きすぎ。

そのうち、失笑。

最後には頑張れ!と励まされてしまった。

女優を辞めるつもりだった

映画「フラガール」で数々の賞を受賞した蒼井優。

しかし、気持ちは女優と離れていた。

「足を洗いたい・・・」

忙しすぎた。

ある日、泣くシーンで泣いた。

このシーンをプロデューサーが絶賛。

バッグのプレゼントまでもらってしまった。

泣くシーンで泣いただけ。

感情は伴っていなかった。

騙しているような気がした。

事務所に辞めると告げた。

山田洋次映画への出演

事務所に辞めると告げた後。

7か月休養。

しかし、このままではダメだと思った。

「何かしなきゃダメだ」

事務所に連絡。

また仕事がしたい。

「今山田洋次監督から話が来ている」

10代の頃に山田洋次監督作品のオーディションに落ちた。

いつか山田洋次監督に認めてもらいたい。

そんな気持ちを持っていた蒼井優。

7か月休養後の作品が山田洋次監督映画。

その後、多くの作品に呼んでもらうことになる。

辞めなくて良かった。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー