炎の体育会TVが厳選!W杯ラグビーの何度も見たい名場面!


スポンサーリンク

[炎の体育会TV] ブログ村キーワード

2015年10月31日の炎の体育会TV。

日本を沸かせてくれたラグビー日本代表。

あのシーンをもう一度。

芸能界№1ラグビー通の中川家・礼二厳選!

W杯絶対見てほしい名場面ベスト3。

これが泣けるんです。

第3位マン・オブ・ザマッチに選ばれた男

2015年ラグビーのW杯。

第一試合は優勝候補の南アフリカ。

日本は奇跡の大逆転で勝利。

この試合でマン・オブ・ザマッチに選ばれた男。

それは五郎丸歩選手ではない。

キャプテンのリーチ・マイケル選手でもない。

一番身長が低い田中史朗選手。

田中史朗選手のW杯への思いは強かった。

妻・智美さんへ告げた。

「今回は命がけで戦う」

もしものことがあったら他にいい人を探してほしい。

ラグビーは命がけのスポーツ。

身長166㎝、体重75キロの田中史朗選手には過酷。

南アフリカ戦でそんな場面があった。

身長184㎝、体重114キロのストラウス選手。

真正面からタックルする田中史朗選手。

相手の右の太ももを掴もうとするが逃げられる。

止めることはできなかった。

飛ばされて体を丸くして転がる田中史朗選手。

ラグビー好きの舘ひろしはこのプレーを絶賛。

「全てのタックルの中で最高。
あのタックルが日本を勇気付けた!」

あのタックルでマン・オブ・ザマッチに選ばれた。

だが田中史朗選手にとっては悔しさの方が上。

「トライを取られてしまった」

求めるものは更に上なのだ。

田中史朗選手に家族からのサプライズ

W杯で活躍したラグビー日本代表。

帰国後、日本では空前のラグビーフィーバー。

すぐ家に帰れなかった田中史朗選手。

東京に泊まることになった。

ホテルの部屋を開けようとした時。

部屋の中から音がした。

開けるのが怖かった田中史朗選手。

しかしドアを開けるとそこに居たのは娘さんと奥さん。

二人からの嬉しいサプライズ。

「お疲れ様」って声を掛けてもらった田中史朗選手。

それを聞いて泣いた。

スタジオで思い出してまた涙涙の田中史朗選手。

第2位山田章仁選手の予測不能なスーパープレー

ラグビーW杯、第3戦のサモア戦。

サモアの堅い守りに苦戦する日本代表。

それでもボールを繋ぐ。

一番外側にいたのは山田章仁選手。

ボールが渡された。

山田章仁選手にタックルする相手選手。

115キロを超える大きな体。

それをクルリとかわした山田章仁選手。

その後、宙を飛んでトライ。

この時のタックルした相手はツイランギ選手。

必死のツイランギ選手の目を見る山田章仁選手。

そして上手くかわした後、思い出したことがある。

それは前の日の友人との電話。

「新聞載りたかったら飛べ!」

ここだと思った山田章仁選手は飛んだ。

思惑通り新聞に載ることができた。

山田章仁選手がメンバーに選ばれた理由

南アフリカ戦の前、メンバー外だった山田章仁選手。

田中史朗選手が心配。

「エディ―さんにアピールしたのか?」

背中を押された山田章仁選手は作戦開始。

朝、トレーニングするエディ―ヘッドコーチ。

それに合わせて自分もトレーニング。

エディ―ヘッドコーチに試合に出たいとアピール。

アピールが通じて試合に出ることができた。

誰が試合に出ても大丈夫だと思っていた田中史朗選手。

でも山田章仁選手の情熱が伝わってきた。

助言せずにはいられなかったのだ。

第1位南アフリカ戦大逆転勝利の舞台裏

W杯2回優勝経験のある南アフリカ。

日本は善戦。

3点ビハインドのまま終了に近づく。

そこで南アフリカが反則。

しかもトライゾーン直前。

日本側の選択肢は2つ。

キックが成功すれば3点。

トライが成功したら5点。

エディ―ヘッドコーチはキックを指示。

円陣を組んだ日本代表選手たち。

その中で木津選手が言った。

同点じゃ歴史は変わらない

熱い思いリーチ・マイケル選手が決断。

「トライを取りに行こう」

キツイ練習を耐えた自分たちを信じて、

支えてくれた人たちに応えるために決断。

最後のパスを出したのはマフィ選手。

相手選手を手で抑えてボールを死守。

パスを出した時の気持ちを解説。

一番端にいたのはヘスケス選手。

すぐボールをパスしたら厳しいマークが待っている。

「相手選手の3人を僕に寄せてスペースをはかって・・・」

この時の”寄せて”がキーワード。

テレビ出演に緊張していたマフィ選手。

手の甲に”寄せて”と書き込んでいた。

ちょんと言えましたね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー