所さんのニッポンの出番倉敷児島のジーンズ技術を世界が絶賛


スポンサーリンク

[所さんのニッポンの出番] ブログ村キーワード

2015年11月24日の所さんのニッポンの出番。

助っ人JAPAN!。

探しものが見つからない!

と、困っている外国人観光客を助ける企画。

墨田区両国のニールさん(オランダ)を助ける。

ニールさんが会いたい人。

それは日本のデニム職人!

海外で絶賛されている日本のデニム

デニム。

綿糸をインディゴという青い染料で染め、

綾織りにした生地。

それをパンツに仕立てたのがジーンズ。

ヨーロッパのブランドの多くは日本のデニムを使用。

あの”リーバイス”も日本の生地を使っている。

岡山県倉敷市児島へ向かう。

国産の4割りがここで作られる。

専門店30店上。

まさに、”デニムの聖地”。

デニムだらけの駅

岡山県倉敷市児島。

駅に着いたニールさんが突然走った。

車窓から見て気になっていたもの。

それは駅の大きな柱。

柱全体に描かれているデニム。

デニムが描かれているのは柱だけではない。

自販機、コインロッカー、

そしてホームから伸びている階段。

これには大きなジーンズが描かれている。

デニムの街にようこそって感じ。

所ジョージもビックリ。

「スゴイね~」

世界が真似できない生地作り

通常デニムと言うと、綿製品。

しかし、”織物会社ショーワ”は綿製品だけではない。

シルク100%で作ったデニムがある。

シルクはアルカリ染料に入れると溶ける。

染料の開発に成功。

柔らかいジーンズを作った。

夏は涼しく、冬は暖か、最高の肌触り。

シルクだけではない。

麻やウールのデニムもある。

受け継がれる縫製の職人技

”ベティスミス”の縫製工場。

ニールさんはその様子を見て驚いた。

ジーンズ職人はヒゲ面の男性だと思っていた。

しかし、女性の職人が多い。

児島はもともと日本一の学生服の町。

その技術が受け継がれ、デニムを作っている。

熟練職人・武林直美さんがその技術を魅せる。

ジーンズの縫製で難しいのは曲線縫い。

フリーハンドで大きな渦巻きを描いた。

股下などは熟練職人が加工する。

最先端をいく加工技術

ジーンズの世界では履き古し色落ちが流行。

ヤスリをかけて古さを出す。

”豊和株式会社”では最近はレーザー光線を使う。

ジーンズを一瞬に色落ちさせる。

まるでCGを見ているみたい。

レーザー加工機 FlexiHS3D。

コンピュータにデータをエントリー。

どんな形の色落ちも作れる。

別のレーザー機でのダメージ加工。

ジーンズから煙が出ている。

実はジーンズの経糸を切っている。

横糸だけが残るクラッシュ加工なのだ。

デジタルカメラで撮った写真をデニムへ写すことも可能。

濃淡を変えてジーンズに描く。

所ジョージの写真をデニムに描いた。

世界で一つだけのジーンズ。

倉敷では自分だけのオリジナルが作れる。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー