林先生が驚く初耳学あぶらとり紙は金箔づくりから生まれた?


スポンサーリンク

[林先生が驚く初耳学!] ブログ村キーワード

2015年12月13日の林先生が驚く初耳学。

三遊亭円楽からの出題。

金箔文化と舞妓さんの出需品との関係。

林修が知らなかった初耳学とは!?

金箔文化が舞妓さんの文化も支えた!

全国の金箔の99%は金沢で生産。

スマホケース4500円になったり

金箔ソフト891円になったり。

最近の金箔は多岐に渡って使用される。

この金箔がどうやって舞妓の文化を支えたのか?

まずは金箔の作り方を勉強。

金箔の作り方

金箔とは金の薄い膜。

  1. 厚さ1センチの金を1万分の1ミリの薄さにする。
  2. 金を圧延機に通して100分の1ミリの厚さに
  3. 6センチ角に裁断
    傷がつかないように和紙に挟んで重ねる
  4. 箔打機で1分間に約700回叩き打つ
    1000分の1ミリに厚さに大きな和紙に挟んで重ねる
  5. 再び箔打機で10000分の1ミリの厚さに
  6. 竹枠で裁断して完成

金箔から偶然生まれた産物とは

金箔を包む和紙。

箔打紙(はくうちがみ)という。

紙を渋柿汁と卵白をまぜた藁のアクに浸したもの。

表面が滑らか。

これを何度も叩き打って繊維をつぶす。

金箔を傷つけないほどツルツルになる。

箔打紙は特徴はツルツルだけではなかった。

化粧品の粒子を通さずに油脂だけを取る。

使い古した箔打紙を舞妓さん渡した。

油脂が取れると評判になった。

「あぶら取り紙」の誕生。

化粧崩れなく肌の手入れができる。

現在の女性にも大いに役立っている。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー