あさイチ塩見三省は長嶋茂雄に続くリハビリのレジェンドです


スポンサーリンク

[プレミアムトーク] ブログ村キーワード

2016年2月26日のあさイチ。

プレミアムトークは俳優の塩見三省

2013年朝ドラ「あまちゃん」にも出演。

”琥珀のベンさん”が懐かしい。

2014年に脳出血!

スタジオに現れた塩見三省

以前よりかなり痩せた様子。

肩も左側が下がっている。

「あまちゃん」後も忙しかったある日。

休みをもらってホッとしていた。

そこで脳出血。

5か月の入院生活。

退院後も後遺症が残っている。

「塩見、超スローモーです」

話し方も確かにゆっくり。

でも元気な姿が見られて本当に嬉しい。

長嶋茂雄はリハビリ界でもレジェンド

巨人軍の永久欠番。

背番号3の長嶋茂雄。

塩見三省は偶然リハビリしていた病院で遭った。

大きな声でリハビリしている長嶋茂雄の姿。

それは眩しくて、陰でひっそりと眺めていた。

ドラマでリハビリをする役の話が来た時。

長嶋茂雄さんを真似ようと思った塩見三省

挨拶したくてエレベーター前で長嶋茂雄を出待ち。

「勇気もらってます!」

ドキドキしながらやっと言えた。

写真も快く一緒に撮ってくれた。

長嶋茂雄はリハビリしていても諦めない。

「リハビリをしてこれくらいかっこよくなりたい」

俳優を諦めかけた日々

脳出血で倒れた塩見三省

気が付いた時、命があることに感謝した。

それから何を失ったのかに気づかされた。

もう俳優ができないと思った。

でももう病気ではない、リハビリの段階。

まず体重を10キロ落とした。

体重が多いと立ち上がりにくいから。

また体重を戻すようにしている。

自分を受け入れなくて毎日泣いていた。

看護師さんに夜泣いているんだと話した。

「毎日寝てましたよ」と言われた。

意外としぶといなと自分で思った塩見三省

記録に取ることで気づいたこと

半年後のリハビリの様子。

杖なしで隅田川を歩く塩見三省

カメラマンは妻の晴子さん。

あるプロデューサーに記録を取るように言われた。

それから始めたカメラ撮影。

妻「気合い入れて!」

塩見「何言ってんだよ!ヘトヘトだよ」

自分のことだけを考えた2年間。

記録に取ったことで気づいたこと。

多くの人に支えられていた。

たくさん感謝している。

松岡茉優とのふれあい

2月27日開始されたドラマ。

「恋の三陸 列車コンで行こう!」

これが塩見三省の復帰作。

「あまちゃん」で共演した松岡茉優が娘役。

ドラマにCMと多忙な松岡茉優が出たいと申し出た。

普段若い役者と雑談しない塩見三省

松岡茉優とは何度か共演はある。

それでもセリフなしでも構わないからと引き受けてくれた。

松岡茉優も勇気をもらっていた

松岡茉優とのリハビリシーン。

バスでロケ地に移動した塩見三省

復帰後会うのはこの時が初めて。

きっとびっくりしたはず。

それを態度に現さなかった松岡茉優。

塩見三省は手を強く握った。

松岡茉優には熱いものを感じていた。

「病気を乗り越えている姿が勇ましくて抱きついてしまった」

歩く練習する父親を見守る娘。

人間の強さともろさを感じた200m。

「一緒に芝居がしたいと思えるように精進したい」

と語る松岡茉優。

塩見三省「松岡、ありがとう」

被災地と重なる自分の姿

リハビリシーンでの塩見三省

自分に対して「頑張れ!頑張れ!」って言った。

これは自分だけでなく被災地に言った言葉。

被災地の復帰と自分の復帰が重なる。

「絶対に見てほしい」と話す。

日にち薬で毎日を過ごす

関東で多く使われる言葉。

”日にち薬”

悲しみや苦しみは時間が解決してくれる。

塩見三省はある作家に教えてもらった。

今は人の話を聞いて、監督の話も聞く。

また仕事ができることに喜びを感じている。

「長嶋さんのようにリハビリしてもう一度出てきます」

近い将来、塩見三省もリハビリ界のレジェンドになる。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー