ぴったんこカンカンで山崎育三郎が安住アナとボウリング対決


スポンサーリンク

[ぴったんこカンカン] ブログ村キーワード

2016年2月19日のぴったんこカン・カン。

ゲストは俳優の山崎育三郎

帝国劇場の階段を降りながらの登場。

”レ・ミゼラブル”を歌う声がいい。

足さばきも素晴らしい。

さすがミュージカルスターって感じ。

素顔の山崎育三郎はどうなのか。

山崎育三郎はとっても繊細

山崎育三郎が父親とよく行く店。

”串の坊 銀座本店”。

40種類の串揚げが楽しめる。

おまかせは5000円。

姿勢のいい山崎育三郎

これはミュージカルのおかげなのか。

手の先まで意識した仕草。

「身振り手振りはキレイな方がいい」

安住アナに大袈裟と指摘されると傷付く。

舞台で培った仕草。

感情が高ぶった時に大きくなるだけ。

割りと繊細と自己分析する山崎育三郎

串入れも心を込める山崎育三郎

”串の坊 銀座本店”

山崎育三郎のお気に入りのアスパラ。

キメの細かい衣。

絶妙な火の入れ具合がニクい。

食べ終わったら串は魚の形の串入れへ。

そんな時も気を抜かない山崎育三郎

”大丈夫だよ”って思いで入れる。

一つ一つのものに愛情を込める。

それで食事も楽しくなる。

安住アナも山崎流串入れに挑戦。

最初は30点。

食べていても串入れの事が気になる。

味わえない安住アナ。

”大丈夫だよ”って話しかけちゃいましたね。

サウンドオブミュージカルのような家族

山崎育三郎の母親は宝塚やミュージカルが好き。

家でピアノを弾く。

それに合わせて歌う4人兄弟。

祐一郎、令二郎、育三郎、厚四郎。

まるでサウンド・オブ・ミュージカル。

とても一般的じゃない光景。

でも当たり前だと思っている山崎育三郎

育ちの良さが窺える。

山崎育三郎のカルチャーショック

子供の時からミュージカル一筋。

2015年から本格的にテレビ参戦。

ドラマ撮影では違和感を感じた山崎育三郎

まず、観客がいない。

化粧やカツラがない。

そして日本人役。

普段は外国人役ばかり。

素顔で演じることにも抵抗感。

素顔だとなかなかスイッチが入らないのです。

安住アナとボウリング真剣対決!

ドラマ「下町ロケット」

主役の阿部寛のボウリングシーン。

撮影は”東京ポートボール”

ここで山崎育三郎と安住アナが対決。

負けたら相手のリクエストをきくこと。

ボウリングが得意だと言う山崎育三郎

負けず嫌いの安住アナ。

山崎育三郎の一投目はファール。

結果、9本倒れた。

山崎育三郎がスペアを取れずに喜ぶ安住アナ。

中盤、ストライクを取った安住アナ。

なんか優勢。

笑いが止まらない。

このままでは終われない山崎育三郎

上着を脱ぎだした。

ここから連続スペア。

第7フレームに山崎育三郎がストライク。

「やっときた!」

それでもスペアを取る安住アナ。

山崎育三郎は最後の大事なとこでストライク。

最終的に、121本。

安住アナはあと7本で勝利。

ちょろいはずだった。

しかし、6本。

山崎育三郎、逆転勝利!

アメリカ・ミズーリ州で学んだもの

高校2年の時に留学。

アメリカ・ミズーリ州の田舎。

生徒2000人中一人だけのアジア人。

背中をドーンと押された。

いじめられていると感じた。

これが続くのかと思ってぞっとした山崎育三郎

そんな時ポスターを発見。

体育館でダンスパーティ。

一人で参加。

500人が円になった。

円の中で一人で踊ったら人生が変わるはず。

かき分けて一人で踊った。

歓声が上がった。

「イク!イク!イク!」

山崎育三郎を呼ぶ声。

あのいじめっ子とも仲良くなった。

チャンスは自分で掴むものだと知った。

安住アナが即興一人ミュージカル

山崎育三郎から安住アナへのリクエスト。

それは即興一人ミュージカル。

安住アナが考えたタイトルは”大阪出張”。

「なんで新幹線の指定席が取れてないの?」

一人で考えた安住アナ。

ウマ下手。

頑張った。

後半は山崎育三郎も一緒に歌った。

「戦うものの歌が聞こえるか~」

やっぱり上手いなあ。

人前で喜怒哀楽を表現するのが苦手な安住アナ。

なかなかのものでしたよ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー